毒出しうがい健康法の効果は?小顔効果も!

Pocket

A post shared by Glass of Water (@glassofwater_) on


日本人の成人の8割が歯周病にかかっているといわれています。8割って人ごとではない数字です。それを防ぐ効果的な方法としてど「毒出しうがい」が注目されています。

口の中のトラブルが虫歯や歯周病だけでなく、他のいろいろな病気にまで影響するというちょっと恐ろしい話。しかしそれを簡単に予防できる健康法がこの「毒出しうがい」。

さらに小顔効果もある?と聞いて、すぐ実践できる「毒出しうがい」について私も実際にやってみました。

スポンサーリンク

毒出しうがい健康法がなぜいい?


口の中の良い細菌・善玉菌と悪影響を与える悪玉菌のバランスが崩れると虫歯ができたり口臭がひどくなります。最悪の場合心臓発作のリスクや認知症を引き起こす原因まであるそうです。

「毒出しうがい」の考案者である照山裕子先生は、歯の健康のため歯みがき指導を患者さんにしてこられていました。しかし、照山先生が歯みがきだけではダメだ、と気づいたことがあったそう。

それは、患者さんが治療の後、口をゆすいだ際、’’口に水を少し含んで吐き出すだけの静かなうがい’’をしているの見た時に、「これではダメだ」と思ったそうです。

丁寧に歯みがきをしても、正しい「うがい」ができていないと、結局口の中に汚れは留まってしまうのです。だからしっかり「毒出しうがい」をしないと様々な予防への効果がないと提唱されるようになったんですね。
詳しい実践方法はこちら
↓↓
毒出しうがいとは?やり方&コツを動画でわかりやすく

毒出しうがい健康法が効果のある病

A post shared by Yartar (@yartarbeauty) on

毒出しうがいが効果覿面なのは、口臭、虫歯、歯周病はもちろん。
他にも、悪玉菌が口の中の毛細血管からカラダ全体へ入ると、
動脈硬化、
心疾患、
糖尿病、
腎臓病、
リウマチ性関節炎、
アルツハイマー型認知症
のリスクまで高まることが研究でわかってきたと言われていますが、これらの予防に役立ちます。

歯の問題だけでなくカラダ全体の健康に影響していくんですね。そのためにも、口内環境を健康に保つことはとても大事なことなんです。

「毒出しうがい」は、水さえあれば1分もかからず簡単にできる健康法なので、仕事の合間など忙しい人にもぴったり。

口の中の悩みがあると人からは見えませんが、地味に1日中気になってしまいますし、仕事や勉強に集中できなかったり。

人と近い距離で喋るのに自信が持てなくなったり。人と接する時には特に気になってしまう問題です。


スポンサーリンク


毒出しうがい健康法は小顔効果も?


「毒出しうがい」を実際にやってみるとわかるのですが、かなり頬の筋肉を使う感じがあります。口の周りの筋肉、普段の生活でこんなに使わない、っていうくらいの感覚です。

「毒出しうがい」の著書である照山裕子先生曰く、ほうれい線の解消や小顔効果があるそうです!!

よく小顔マッサージなど、手で揉んだり、舌を使って筋肉を動かすなどありますが、そんな努力しなくても、毎日の「毒出しうがい」で自然に顔の筋肉を使って小顔効果もでるんですね。

しかも表情筋も鍛えられ、表情豊かになり印象アップも期待できるそう。

嬉しい効果です。女性は是非とも試したいですよね。
筆者は毎日やります!やってみたいです。

まとめ


毒出しうがい健康法のは、カラダ全体に関わる病の予防効果があり、嬉しい小顔効果まであることがわかりました。

食事の後だけでなく、間食の後にもこまめに毒だしうがいをしておくと、さらに効果的。食べかすを洗い流しておくことが大切です。
これが常に良い口内環境を保つ秘訣のようです。

ぜひ今日からやってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする