毒出しうがいとは?やり方&コツを動画でわかりやすく

Pocket

A post shared by Glass of Water (@glassofwater_) on


たった1分のかんたん「毒出しうがい」で歯がキレイになると同時に他の病気まで防げる!?テレビやメディアで話題のベストセラー「毒出しうがい」。

必要なものは水だけ!お金がかからず誰でもかんたんにできる注目の「毒出しうがい」、その効果は絶大。知らないと損なかんたんなやり方を動画でみてみましょう。

スポンサーリンク

毒出しうがいとは?


毒出しうがいは、歯についている汚れが歯垢(プラーク)になる前に、ばい菌や食べかすを洗い流そう、といううがいの方法です。

医学博士の女医・照山先生が考案し、テレビでも話題。
誰でもかんたんにできることから評判になっています。怠け者でもできちゃうかんたんまやり方です。
時間をかけてじっくり歯磨きをするより、うんと簡単です。

毒出しうがいが上手にできて、悪いばい菌を洗い流せたら、歯磨きさえ必要なくなるそうです!

毒出しうがいの効果

歯の病気だけではなく、重大な病の予防にも効果があるそうです。
口臭予防、
歯周病、
脳梗塞、
心筋梗塞、
糖尿病、
アルツハイマーなど

口の中のばい菌が脳にまで関係するなんて怖いですね。
病気になってしまうと病院代はかかるし、仕事や日常生活に支障をきたします。
自分は健康だ〜と思ってしまいますが、気づかないうちに病に蝕まれ急に倒れる!という話も聞きます。

ちょっとしたことでそれが防げるなら、後悔する前にやりたいですよね。

毒出しうがいの詳しい効果:毒出しうがい健康法の効果は?小顔効果も? 

スポンサーリンク


毒出しうがいのやり方動画


毒出しうがいのやり方
かんたん4ステップ

  1. 口に水を含む(30mlくらい)
  2. 口の中の水を上の歯に向けて強く速くぶつける
    クチュクチュと音がするくらい強く!
  3. 10回ぶつけて水を吐き出す
  4. 同じ要領で、下の歯だけ→右の歯→左の歯だけと分けて行う。

1分くらいで済むので時間はかかりません。
水やぬるま湯でいいので、普通に水道水でできます。
お茶やジュースで代用しては逆効果、絶対NGですよ。

筆者も実際やってみてわかったのですが、最初に含む水は少なめ、口いっぱいじゃない方がいいです。かなり力強く意識して水をぶつけるので、水が多いと難しかったです。

水を口の中で移動させるだけではなく、本当に投げるようにぶつけると、歯磨き後でもまだ食べかすが出てきました。びっくりです。

歯磨きした後でも、すすぎ残しがあると結局食べかすなどが口の中に残ってしまうんですね。だからこの毒出しうがい方で最後に仕上げると完璧です!

外出先などでも歯ブラシなしで簡単にできるのがいいですよね。
歯の表面もつるっとスッキリした感じになります。3回の食事の後に毎回行うのが理想的です。

毒出しうがいのもっと詳しい情報

毒出しうがいを考案した照山先生は、歯の健康から、口元のアンチエイジングまで「健康で美しい笑顔づくり」のスペシャリストです。

歯医者さんが嫌いな私としては、毒出しうがいで歯医者さんにお世話にならず過ごしたいです。無料でできて1分なら気軽に毎日できそうですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする