岩渕葵アナのピアノの実力がスゴイ!年齢や彼氏は?TEPPEN

Pocket


出典元:https://www.sakuranbo.co.jp/sp/announcer/iwabuchi/2015/12/post-2003.html

芸能人が特技で対決する「芸能界特技王決定戦TEPPEN」
人気対決ピアノ部門に岩渕葵アナウンサーが参戦!

岩渕葵アナのピアノの実力はプロ並みにスゴイ!?さくらんぼテレビの岩渕葵アナウンサーの年齢や出身大学、彼氏についてもお伝えします。

スポンサーリンク

岩渕葵アナの年齢などwiki


出典元:http://www.sakuranbo.co.jp/sp/announcer/iwabuchi/2014/12/post-1875.html

岩渕葵 (いわぶちあおい)wiki風プロフィール

出身地:宮城県名取市
最終学歴:宮城学院女子大学
さくらんぼテレビ入社2014年
報道制作部所属
職業:アナウンサー
趣味:マラソン、読書
特技:ピアノ、甘栗早食い

運動もして、勉強もできて、芸術的才能もあるということですね。
その上ルックスもかわいいとは、岩渕葵アナさすが文武両道、才色兼備のアナウンサーさんです。


フジテレビの番組が好きなことがきっかけで、系列局であるさくらんぼテレビに入社した、と岩渕アナは入社の動機を語っています。
もしかしたら、東京のテレビ局なども受けていたんでしょうか。女子たちの憧れの職業ですから狭き門ですよね。

気になる岩渕葵アナの年齢は公開されていないのですが、2014年入社ですからその頃22~23歳くらいだとすると、現在25~26歳と考えられます。お若いですね!

岩渕葵アナのピアノの実力


出典元:http://www.sakuranbo.co.jp/sp/announcer/iwabuchi/2017/09/post-2329.html

今回TEPPENのピアノ対決に出場する岩渕葵アナ。いつもの笑顔と違い真剣です。
ピアノの実力はどのくらいなのでしょうか?

前回までのピアノ対決歴代王者はこちら→TEPPENピアノ対決!歴代優勝者2017

岩渕葵アナ、趣味にピアノとあるくらいですから、ある程度の実力が期待されます。

岩渕アナの出身大学である宮城学院女子大学音楽科があり、コース別専門科目でピアノの先行があるのでそちらで腕を磨かれたんですね。当然、大学の音楽科への受験にはピアノの実技試験もあったでしょうから、その前から(おそらく10年以上)ずっとピアノは習っていたはずです。

他にも女子アナでTEPPENのピアノ対決に出演した人は、

長野美郷アナ(セント・フォース)


長野アナの母親が元ピアノ講師だったこともあり、その実力はかなりのもの。TEPPENでの演奏は安心して聴けるものでしたね。音大は出ていないものの、「愛知県下ピアノ独奏コンクール」で優勝など実績があります。

岡副麻希アナ(セント・フォース)


早稲田大学在学時からめざましテレビに出演していた岡副アナ。ピアノが特技ということだったんですが結果は不評だったようです。「あれで特技とは・・・」という結果に。

岩渕葵アナの場合は大学で学んでいた経歴もありますし、長野美郷アナのような素晴らしい演奏が期待できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


岩渕葵アナの彼氏は?

A post shared by Yasuko (@gofukunosasaki) on


女子アナはタレントさん並みに注目を浴びる存在ですから、岩渕アナを気になる視聴者はやはり彼氏の情報を探すようです。現時点で岩渕葵アナの彼氏についてはまだ、写真を撮られたり報道はされていない模様。


プロフィールに生年月日も公表しないくらいですから、会社のさくらんぼテレビもガードが固い様子です。もし彼氏がいても激写されないように隠している可能性も高いでしょう。今回のTEPPENで全国に名前も知られ、これからスクープされる日も近いかもしれませんね。
アナウンサーの方、野球選手とかスポーツ選手とよく結婚される印象なので、岩渕アナもどこかで出会いがあり得るでしょう!

スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたでしょうか。
岩渕葵アナのピアノの実力については、大学で音楽科だったことからかなりの高い腕前が期待される。年齢や彼氏のプライベート情報はまだ世の中に出ていない、という現状ですが今からファンが増え注目が集まるとスクープされるかも?

以上、TEPPENのピアノ対決に参戦の岩渕葵アナウンサーについてお届けしました。
こちらのテッペン記事もどうぞ↓↓

つるの剛士の将棋の実力はプロ並み!?腕前はアマ何段?TEPPEN

アレックスJ.Dのピアノの実力は下手?wiki経歴・動画|TEPPEN

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする