キムハヌル(ゴルファー)ファンクラブ設立!美貌とミニスカとインスタ写真が人気!

Pocket

モデルかと見間違うほど抜群のスタイルとクールビューティーな美貌のゴルファーキムハヌル選手。


2016年は賞金1億円越えで賞金ランク4位に!!今年は現在獲得賞金1位で独走中!!

ゴルフを知らない人でも目を奪われてしまうビジュアルのキムハヌル選手は、今年大ブレイク間違いなしの注目女子ゴルファーです。

キムハヌル選手の魅力とファンクラブについて、韓国での人気は?などキムハヌル選手について気になる詳細をお伝えします。

スポンサーリンク

キムハヌル選手の魅力

現在28歳のキムハヌル選手、12歳からゴルフを始め、18歳でプロ入り、日本には2015年から参戦しています。

初年度は賞金ランク23位と、環境の変化に慣れていく年だったそうですが、昨年は爆発し、獲得賞金1億円超えで賞金ランク4位に飛躍!!

韓国での賞金女王の腕前を見せつけました。

キムハヌル選手の魅力はもちろん勝ち進む実力ですが、ゴルフファンでなくても魅了されるそのスタイルと美貌ではないでしょうか。

身長170.0cm、体重は58.0kg、端正な顔立ちとこのすらりとした長身で完全にモデル体型ですね。

試合中のウエアはミニスカートが多く、美しい筋肉美のすらっと長い足を見せています。キムハヌル選手がミニスカートを履くこだわりの理由はお父さん??

プロになった際、父親からのアドバイスで「プロは見られることも仕事。ミニスカが似合うし、ファンから喜んでもらえるような服を着なさい」という言葉をもらったそう。

ナイスお父さん!!

いつもスタイリッシュなウエアに身を包むキムハヌル選手を見ていると、ゴルフはおじさんだけのスポーツじゃないんだな〜と実感させられます。
いろんなデザインのゴルフウエアを着ていて、ゴルフ女子たちはきっと参考にしたいはず。見てて飽きないですよね!

キムハヌルのファンクラブ発足

日本での人気も急上昇中のキムハヌル選手、もちろん本国・韓国ではすでにファンクラブが存在し、2017年現時点では1600人を超える会員数だそうです!

韓国ではファンクラブは「ファンカフェ」と呼ばれ、ファン達が集まるオンラインコミュニティーとして運営され、基本的には会費などかからない無料で、登録さえすればファン同士の交流に参加ができるそうです。

さて、本題のキムハヌル選手も人気が上がるにつれ、ファンから所属事務所にファンクラブに入りたい、などと問い合わせが多くなり、それに応える形で2016年9月に発足したそうです。

しかし、なぜかわずか3ヶ月の運営で、同年12月に休止となっています。

明確な理由は明かされていませんが、運営側の準備不足だったのでしょうか・・・

ファンがキムハヌル選手の近況を知り応援するには、現在のところSNSでフォローする形になるようですね。

キムハヌル選手フェイスブック:https://www.facebook.com/Sssky1217/

キムハヌル選手インスタグラム:https://www.instagram.com/haneulkim1217/

キムハヌル選手ツイッター:https://twitter.com/haneul88

一番頻繁に更新されているのはインスタグラムのようです!


なんと、水泳の北島康介選手と一緒に!!

韓国での人気は?

ちなみに韓国女子ゴルファーで最も会員数が多いのはチョンインジ選手(22)で、8900人越え!!

ファンがアメリカまで試合を応援に行くほどの熱狂ぶりだそうです。

日本でも有名なイボミ選手は約2700人

キムハヌル選手は上記でも述べた通り約1600人

韓国でのファンクラブ(ファンカフェ)は主におじさんが多く、芸能人のファンクラブとは違うイメージだそうです。娘や妹を見守る、真摯に応援するという姿勢だそう。

キムハヌル選手はファンカフェの人数は約1600人ですが、情報発信しているインスタグラムではフォロワーが74,200人と7万人以上に応援されている状態!

普段の姿も掲載されるのでファッションやメイクもかわいいキムハヌル選手なので、おじさん以外の若い層にもかなり見られていそうですね。


なぜかこんなセクシー表情の動画まで。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大活躍中の美女ゴルファーキムハヌル選手の魅力についてご紹介しました。

公式ファンクラブは現在閉鎖となってしまっていますが、インスタグラムなどでキムハヌル選手の近況を知ることができますし、メッセージも送れるのでそちらで応援しましょう!

今年大ブレイク間違いないキムハヌル選手、賞金争いの行方も注目ですね。

関連記事:キムハヌル画像で昔と今の比較!整形疑惑の真相は!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする