冷え性にシナモンが効く!?効果・レシピ・通販|この差って何ですか?12/5

Pocket


女性に多いと言われる冷え性。手足の末端がずっと冷たくてツライ、寝付けない、と冬の時期は悩みますよね。「小さじ一杯のシナモン」が冷え性改善に効果的で、毛細血管を復活させる!?超簡単なシナモンのレシピも。(この差って何ですか?12/5)

スポンサーリンク

冷え性の原因

「冷えは万病の元」と良く聞きますが、冬は悩ましいですよね。暖かい服を着ても、暖房をつけてもなかなか解消されない冷え性の原因は様々。

・ストレスや不規則な生活
・室内外の温度差
・自律神経の機能が乱れ
・貧血、低血圧
・筋肉の量が少ない(運動不足)
・女性ホルモンの分泌の乱れ

理想としては37度くらいの体温を保てると良いそうですが、冷え性を解決して体温を上げるためには?

冷え性 改善にシナモン?


冷え性には生姜が効くイメージがありますよね。その生姜をも超える最強の温め食材だと言われているシナモン!!

シナモンと聞くと、おしゃれなカフェでドリンクについていたり、シナモンロール、ケーキなんかのイメージがあります。しかし、実はシナモンは日本でも昔から馴染みのある「ニッキ」、生薬の「桂皮(けいひ)」と呼ばれてつかわれてきたんですね。少しクセもあるので好き嫌いは分かれるのは、シナモンも生姜も似た存在。でも身体に良いのならやっぱり積極的に取り入れたいです。


シナモンがなぜ冷え性に良いかというと、

・内臓、つまりお腹の中から温めてくれる
・毛細血管を復活させる作用がある

手足など冷え性の解決に効くためには、末梢血管まで血液が巡らなくてはいけないので、それにはシナモンが効果的!

スポンサーリンク


効果やレシピ

体を温めてくれて冷え性を改善してくれるシナモン、どのくらいの量を摂るのが良いのでしょうか?

1日に小さじ1/2〜1杯程度くらいが効果が実感できるそう。ただ、取りすぎは肝機能に良くないので注意です。たくさん多ければいいというわけではありません。シナモンで末梢血管が丈夫になれば、お肌の細胞にも酸素と栄養が届き美肌効果も期待できるという嬉しい情報も。

1日の中で早朝がもっとも体温が低くなり、朝食後に上昇するので、朝取り入れるのが良さそうです。一番簡単なのはミルクティーに入れてみるのが一般的ですが、他にも美味しそうなレシピがたくさん。

「喉にもいいよ!☆ポカポカシナモンドリンク」
簡単で「砂糖不使用なのに甘い」持ち歩いても良さそうなシナモンドリンク。シナモンスティックを使用。

A post shared by @fika_bakes on


レシピはこちら→https://cookpad.com/recipe/4754938
シナモンスティックの値段や詳細やこちら→シナモンスティック セイロン スリランカ産


簡単で美味しそう、「シナモンの香り♪食パンで簡単バナナパン」
朝食に良さそうですね。
レシピはこちら→https://cookpad.com/recipe/4815564


体に良さそうな「きなこシナモンナッツのトースト」
レシピはこちら→https://cookpad.com/recipe/4791856
シナモンスティックの値段や詳細やこちら→セイロンシナモンパウダー オーガニック スリランカ産

本格的な材料で作る「冷え性薬剤師の定番チャイ!」
レシピはこちら→https://cookpad.com/recipe/4650075
簡単なレシピでシナモンに慣れたら、本格的なこちらでホームメイドするのもいいですね。

コーヒーは体を冷やす作用があるので、紅茶やチャイの方がより効果的ですよ。

スポンサーリンク


まとめ

冷え性は万病の元!
シナモンは、体を温める効果が。
・内臓、お腹の中から温めてくれる
・毛細血管を復活させる作用がある

ストレスや不規則な生活を改めて、食生活にシナモンを取り入れてポカポカ暖かい体を手に入れ冬を乗り切りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする