TOP(BIGBANG)とハンソヒ(画像あり) 裁判までの経緯!

Pocket

間も無く裁判を迎えるBIGBANGT.O.P・・・

BIGBANGT.O.Pが大麻吸引疑惑、兵役中の宿舎で意識不明で救急搬送というニュースが6月上旬から駆け巡り、世間に大きな衝撃を与えました。T.O.P一緒に大麻吸引したという「練習生女性ハンソヒ」が初公判を終え、次はT.O.Pが今月下旬初公判を迎えます。

引用:koreaboo

裁判の後、T.O.Pは刑務所に入るのでしょうか?中断している兵役はどうなるんでしょうか?

スポンサーリンク

ハンソヒの摘発からT.O.P逮捕の経緯

昨年12月 警察が麻薬の売人を捜査中にハンソヒが浮上、ハンソヒの供述からT.O.Pも捜査線上に上がりました。

61 T.O.Pは兵役前の麻薬取締法違反(大麻) の疑いが持たれ兵役(義務警察服務)中に捜査機関に召還されました。

66精神安定剤の過剰摂取によりT.O.Pは宿舎で意識不明となり病院へ救急搬送されニュースとなりました。

69日 救急搬送された梨大木洞病院で意識が戻り治療のため転院、2週間ほどの入院予定し、退院した場合は自宅待機となります。

入院期間が2週間だと623日頃が退院予定だったことになります。

629日 最初の裁判予定となっています。

昨年109日~14 T.O.Pの自宅で練習生ハンソヒと一緒に計4回大麻を喫煙した疑いが持たれています。常習性があったかどうかが焦点と言われています。

練習生ハンソヒの裁判結果

T.O.Pの初公判より先に、616日ハンソヒの第1審判決が言い渡されました。

T.O.Pと大麻喫煙した以外にもハンソヒは強烈な薬物LSDを購入と使用して追加起訴されていましたが、結果、執行猶予判決を受け釈放されました。

詳細はこちら:BIGBANGTOPと大麻吸引の練習生ハンソヒ判決内容詳細

引用:allkpop   引用:koreaboo

ハンソヒが薬物使用した理由は、10代の頃から練習生として何年も過ごし2度もデビュー間近まできていたもののデビューできなかったストレスから、と言われています。

T.O.P裁判後、禁固刑?兵役は?

T.O.Pは兵役中に起訴となったため軍服務は最高裁判所から確定判決が出るまで延長されることになります。

万が一、裁判で16か月以上の懲役または禁錮以上の実刑が確定した場合、T.O.P強制除隊され刑務所で刑に服し、これ以上の軍服務は不可能になります。

もし、16か月未満の判決を受けた場合には、兵役義務を続けることができることになります。

T.O.Pは麻薬に関する前科が無いこと、常習性が無いということから、おそらく16か月未満の判決になるだろうという予想がされています。裁判後に兵役義務を続けなくてはなりません。

その場合、義務警察の総服務日数は637日ですが、現在T.O.P116日勤務済み、残り521日の勤務を再開しないといけなくなります。

1年半の兵役がまだ残っているということですね。

精神安定剤の過剰摂取により緊急搬送されたT.O.Pですが、精神的に兵役を続けることができない、などという判断になることはあるのでしょうか?

韓国では何かと理由をつけて兵役を免れたいという人たちが後をたたないと言われています。兵役逃れの理由の不動の1位は「精神疾患の偽装」だそうです。ですがこれも簡単には受け入れられず兵役免除とはならないのが実情だそうです。

今まで兵役免除になった有名人には、俳優のぺ・ヨンジュンさんは「低視力」、俳優のチャン・ドンゴンさんは「気胸手術」などの理由があります。

T.O.Pの初公判は629日となり間も無くですが、どのような判決となるのでしょうか。

関連記事→TOP(BIGBANG)に大麻提供ハンソヒ練習生デビューできなかった理由は

関連記事→TOP【BIGBANG】の彼女か中国セレブモデル

関連記事BIGBANG TOP兵役中の最新情報

関連記事BIGBANGTOP後輩女性と大麻吸引 警察摘発 G-DRAGONも過去に陽性

関連記事→BIGBANGのTOPの彼女は野崎萌香だった?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする