別れさせ屋の内容や料金は?ナカイの窓9月20日

Pocket


ナカイの窓」で何かの道を極めているプロの人たちが集結。プロで仕事する「別れさせ屋」って本当に存在する!?別れさせ屋の仕事内容や料金の相場は?プロの別れさせ屋を頼む人は略奪したい人?プロの別れさせ屋について。

スポンサーリンク

別れさせ屋・ナカイの窓9月20日

「ナカイの窓」各界の知られざるプロフェッショナルたちの中に、プロの別れさせ屋が!かなりグレーな仕事に感じますがテレビに出演して大丈夫なのでしょうか。

まるで映画のような話ですが、実際の別れさせ屋の仕事内容や、料金相場、本当に効果はあるのか、格安料金はあるのでしょうか?

別れさせ屋のプロ・実態は?


浮気調査で探偵や調査会社を利用する、という話はドラマや映画で聞くことがありますが、本当に存在していて、高額な利用料を支払って依頼する人たちがいるのです。

2006年には依頼者女性が別れさせ屋に対し、公序良俗違反で裁判を起こし、ニュースを騒がせたことで認知度が高まりました。依頼者女性は80万円支払ったと伝えられていますが、その成果が得られず費用を返済するよう求めたそうです。

A post shared by shigeo mikoda (@mikoshige39) on


しかし通常の浮気調査と別れさせ屋は何が違うのでしょうか?
もし、夫が浮気していて、妻が探偵に浮気調査を依頼して証拠を掴んだらそれを本人に見せて浮気相手と別れさせれば、それで済むように思えます。が、この場合「いったん別れたふりして、数ヶ月でまた不倫再開する」というパターンが多い!!ということから完全に別れさせる状況にまで持っていく、別れさせ屋が必要なんだということです。

すごい愛憎劇ですね。別れさせ屋の手法はいたってシンプル。

別れさせ屋は、ターゲットの好みの人(工作員)を外部から用意し、本当にドラマのように「偶然の出会い」を演出。

電車やバスで隣の席になる、道でぶつかって荷物を落とす、転んで助けてもらう・・・会話から共通の話題で盛り上がる・・・など

「お礼させてください」や「今度ご飯でも」などから徐々に親しくなる

親密な関係に発展

証拠を押さえる

ターゲットの好みの人(工作員)を用意すると言っても、そんなに簡単にできるものなのでしょうか。

依頼人が男性でターゲットが女性の場合だと女の工作員が出ていって、やはり偶然を装って出会い友達になってじわじわ別れさせる工作を繰り返す。色仕掛けではなく友人として接するんですね。

その役の人と探偵と、と人件費がかかる分、別れさせ屋の料金は相当高そうですが、相場はどのくらいなのでしょう?

スポンサーリンク


別れさせ屋のプロ・料金は?


別れさせ屋の料金形態には色々ありますが、動いた分だけ費用が発生する実稼働制がわかりやすい形態です。工作員は、出会いに成功すれば何万円、連絡先の交換に成功してやりとりが発生したら何万円、デートをしたら、ホテルまで行ければいくら、と成功報酬を支払うことが一般的と言われます。

料金相場は裁判になった依頼者女性が80万円支払った、と言っていたように、「100万円」前後が相場と言われています。

別れさせ屋の工作は、通常のカップルを別れさせるのはOKですが、夫婦の別れさせはNGになります。浮気=不倫を仕向けることから法的にまずいので、プロの別れさせ屋は断る、というようになっています。

しかし実際には悪質な業者もあるようで、別れさせることが成功しなくても「別れさせ工作を依頼して詐欺に遭った」などと、普通は周りに言いにくいのでお金を騙し取られたとしても被害を報告できず泣き寝入りする人もいるのは否定できないのです。格安料金など謳い文句にしている所は信用ができるのか不安になりそうです。

100万円、決して安くはないですが、成果を期待する人は、ここまでの金額を払ってまで別れさせ屋に依頼するのでしょう。相当な覚悟が無いとできません。


ネットでも検索すると「浮気調査から素行調査、内偵調査、別れさせ屋工作。いつでもあなたの苦しみ・悩みを一日でも早く解決するお手伝い。」とうたう「別れさせ屋」業者が簡単に見つかります。ちゃんと実態するプロの別れさせ屋の会社なのか慎重に確認する必要があると言えます。

スポンサーリンク


別れさせ屋のまとめ

フィクションのような「別れさせ屋」ですが、本当にプロが存在し、100万円前後を支払っても依頼する客がいるということがわかりました。愛の悩みは深いですね。

しかし100%成功するとは確証できない「別れさせる」業務でリスクもあります。仕掛け人になるプロの人はターゲットなどに顔がわれるわけですし、任務の後生活に支障がないのか気になるところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする