【オールジャパン・フィットネスビキニ選手権】歴代優勝者一覧!

オールジャパン・フィットネスビキニ選手権スポーツ
スポンサーリンク

オールジャパン ビキニフィットネス選手権とは

日本国内でも注目されてきた「フィットネスビキニ」は、バランスのとれたプロポーションや態度・センスの良いヘアスタイルなど、より女性らしく健康的なボディを競い合う競技です。

毎日のトレーニングや食事スタイル・表現力など、様々な点が審査されるため、生まれつきのプロポーションだけの競技ではない点が特徴といえます。

選手はそれぞれ、年齢・身長によって全6種類にクラス分けされており、年齢では35歳以下級・35歳超級の2種類。身長ではそれぞれ158cm以下級・163cm以下級・163cm超級の3種類に分かれています。

舞台では、クォーターターン・バッグスタンドなどの「スリーステップフォワード」を行い、ターンや静止時の姿勢の美しさや鍛え上げたスタイルを披露していきます。

男性版のフィットネスビキニと呼ばれることも多いメンズフィジークやボディビルとはまた少し違う、女性ならではの華やかさが感じられる大会です。

第1回:2014年

●158cm以下級:大里晴香さん

大里晴香

 

 

 

 

 

 

 

1987年11月1日生まれ、福岡県嘉麻市出身。トレーニング歴3年。
ボディビル・フィットネスビキニを始めたのは23歳の頃であり、ダイエット目的で通っていたジムでトレーナーにボディビルを勧められたことがきっかけであるとのこと。

同年5月に開催された「大阪オープン大会」にて総合優勝した磯野かおりさんなど、有力者が多数参加していたなかで、ほどよく絞られたダイナマイトボディやポテンシャルの高さが「ウエスト・脚部のシェイプが実現すれば海外でも通用する」と高く評価されました。

 

●163cm以下級:荻山はるかさん

荻山はるか

 

 

 

 

 

 

 

1982年2月11日生まれ、愛知県出身。
トレーニング歴は11ヶ月とビギナーでありながら、元々ダンスや競技スキーなどといった多彩なスポーツを趣味としていたこともあり、シャープでバランスの良いボディが評価されました。

現在は愛知県を拠点に、フリーランスとして運動・フィットネスの個人指導や講演会を行っています。

 

●163cm超級:新井敬子さん

新井敬子

 

 

 

 

 

 

 

1975年8月29日生まれ、大阪府大阪市出身の選手。
パーソナルトレーニングジムと加圧トレーニングを組み合わせた独自のトレーニングスタジオ『スタジオKei』の代表であり、トレーナーでもあります。

元々はボディフィットネスをメインとしたコンテストに出場していたが、フィットネスビキニが「さらに自分を表現できるカテゴリー」であると感じたことから出場を決心したとのこと。

2014年JBBFオールジャパン フィットネスビキニ選手権 158cm級・163cm級・163cm超級(決勝)

第2回:2015年

●35歳以下158cm以下級:大里晴香さん

2015年 第2回オールジャパン・フィットネスビキニ選手権大会 35歳以下158cm以下級

 

●35歳以下163cm以下級:高橋夏美さん

高橋夏美

 

 

 

 

 

1987年7月16日、東京都世田谷区出身。YouTubeで見たフィットネエスビキニの大会の動画に魅了され、大会への出場を決意したとのこと。

留学後には、女性専用フィットネスクラブ『Fit-One』をオープン。
2014年には「第1回 女子大阪フィットネスビキニオープン大会」の163cm以下級3位に入賞しており、後に「日本・グアム親善ボディビル&ボディフィットネス選手権大会」に出場するなど、様々な大会・コンテストへの出場経験も持つ。

2015年 第2回オールジャパン・フィットネスビキニ選手権大会 35歳以下163cm以下級

 

●35歳以下163cm超級:安井友梨さん

安井友梨

 

 

 

 

 

 

 

1984年生まれの選手であり、外資系金融機関の営業職OLとフィットネスビキニ選手という二足のわらじを履く女性。

ジムでのトレーニングによって母親がダイエットに成功したことから、トレーニングをはじめ、その時の目標としていたのが、フィットネスビキニ選手優勝者だったことがきっかけにフィットネスビキニを始めたとのこと。

美しい筋肉とバランスのとれた女性らしいスタイルが評価され、トレーニング開始から10ヶ月で優勝を果たしたことから、テレビ・雑誌・CMなどのメディアで注目されている選手です。2019年には独自の筋トレ・フィットネス方法をまとめた自著を出版しています。

また、メディアを通じてフィットネスビキニの魅力を広めた選手の1人でもある、安井友梨さんはインターネット・SNSでも高い注目度を誇っています。

そこで下記の関連記事では、安井友梨さんの詳しいプロフィールや旦那・驚きの食事内容についてまとめていますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

『安井友梨の銀行や旦那とは|年齢・身長・食事内容がストイックすぎる!?』

2015年 第2回オールジャパン・フィットネスビキニ選手権大会 35歳以下163cm超級

 

●35歳超158cm以下級:三船麻里子さん

三船麻里子

 

 

 

 

 

 

パーソナルトレーニングと音楽を組み合わせたトレーニングジム『P-WORD GYM』のトレーナー。

幼い頃から運動が大好きであり、高校卒業と同時にインストラクターとして勤務するなかで、19歳・42歳で『ミス健康美』の全国大会に出場。他にも「グアム親善大会ボディフィットネス」の163cm以下にて3位に入賞するなど、理想のスタイルづくりに力を尽くしています。

2015年 第2回オールジャパン・フィットネスビキニ選手権大会 35歳超158cm以下級

 

●35歳超163cm以下級:菅原ジョイさん

菅原ジョイ

 

 

 

 

 

 

『ゴールドジムサウス東京』に所属する選手。
デビュー戦であった2014年の東京オープンにて3位入賞を果たして以降、わずか2年という短い期間で『ミス21健康美』163cm以下級優勝。「東京ボディフィットネス」160cm超級では2位に入賞するなどといった、すばらしい結果を残しています。

2015年 第2回オールジャパン・フィットネスビキニ選手権大会 35歳超163cm以下級

 

●35歳超163cm超級:椎名智香子さん

椎名智香子

 

 

 

 

 

 

東京・千葉にある『DOUBLE HEAD DANCE ACADEMY』と『TEAM CHIKA KIDS DANCE SCHOOL』という2つのダンススクールを経営するダンス指導者県フィットネスビキニ選手。

過労による体調不良から突発性難聴に襲われたことでダンスの表舞台から退いていた時に、フィットネスビキニという競技を知り、美しいスタイルで自分を表現する魅力に惹かれ、ボディメイク・大会への出場を決心したとのこと。

また、2014年の「日本グアム親善大会」のトールクラスにおいては、全日本チャンピオンへのリベンジに成功し、優勝を果たした経験を持つから、世界的にも注目の選手の1人といえます。

2015年 第2回オールジャパン・フィットネスビキニ選手権大会 35歳超163cm超級

第3回:2016年

●35歳以下158cm以下級:藤松直子さん

藤松直子

 

 

 

 

 

 

愛知県出身、エクササイズトレーニングスタジアム所属の選手。トレーニング歴は当時で2年。トレーニング歴が1~2年の選手が多く出場した第3回大会において、余分な脂肪のない洗練されたスタイルが評価されました。

「第6回 ミス愛知健康美コンテスト」では5位に入賞、「第2回東海オープンフィットネスビキニ大会」では優勝を果たしています。また、2019年8月28日には妊娠38週目にして元気な男の子を出産しています。

Tarcyレポート②2016年オールジャパン・フィットネスビキニ選手権 35才以下 158cm以下級

 

●35歳以下163cm以下級:倉地美晴さん

倉地美晴

 

 

 

 

 

 

日本人初の「IFBB BIKINI PRO」として国内外で活躍するフィットネスモデルであり「オールジャパン・フィットネスビキニ」だけでなく、「ワールドフィットネス チャンピオンシップス」の日本代表として出場するなど、多方面で活躍しています。

翌年の2017年3月には、香港でパーソナルジムをオープンさせており、香港・日本・アメリカの3か所を拠点に活動中。

Tarcyレポート④2016年オールジャパン・フィットネスビキニ選手権 35才以下163cm以下級

 

●35歳以下163cm超級:安井友梨さん

Tarcyレポート⑥2016年オールジャパン・フィットネスビキニ選手権 35才以下163cm超級

 

●35歳超158cm以下級:三船麻里子さん

Tarcyレポート①2016年オールジャパン・フィットネスビキニ選手権 35才超 158cm以下級

 

●35歳超163cm以下級:菅原ジョイさん

Tarcyレポート③2016年オールジャパン・フィットネスビキニ選手権 35才超 163cm以下級

 

●35歳超163cm超級:小野貴子さん

小野貴子

 

 

 

 

 

 

千葉県出身、トレーニング歴8年のフィットネスビキニ選手。メディアへの出演などは行っていないようで、詳しい経歴やどのようなトレーニングを行ってきたかなどは謎に包まれています。

Tarcyレポート⑤2016年オールジャパン・フィットネスビキニ選手権 35才超 163cm超級

第4回:2017年

●35歳以下158cm以下級:許冴恵さん

許冴恵

 

 

 

 

 

 

 

神奈川在住の選手であり『Woman’sSHAPE』の読者モデルとしても活躍している女性です。『ビヨンドジム 錦糸町』でのトレーニング指導をはじめ、フリーランスとしてスタジオインストラクターなども行っています。

「神奈川ボディビル フィットネスビキニ」158cm級にて優勝、「IFBB 世界大会 フィットネスビキニ Jr」160cm級ではベストテンに入るなど、世界的な活躍が期待されている選手の1人です。

⑧2017オールジャパン選手権大会 フィットネスビキニ Age35以下 158cm以下

 

●35歳以下163cm以下級:下村裕希さん

⑩2017オールジャパン選手権大会 フィットネスビキニ Age35以下 163cm以下

 

●35歳以下163cm超級:安井友梨さん

決勝ラウンド ②2017オールジャパン選手権大会 フィットネスビキニ Age35以下163cm超

 

●35歳超158cm以下級:秋本明子さん

秋本明子

 

 

 

 

 

 

 

1979年12月1日生まれ、東京都墨田区出身の選手。歯科医師として働く傍ら、フィットネスビキニ選手として活躍しています。

27歳の頃、自身の体調不良の改善を理由にスタジオレッスンを始め、2014年から競技への出場を見据えた本格的なトレーニングを開始したとのこと。

⑦2017オールジャパン選手権大会 フィットネスビキニ Over35 158cm以下

 

●35歳超163cm以下級:菅原ジョイさん

⑨2017オールジャパン選手権大会 フィットネスビキニ Over35 163cm以下

 

●35歳超163cm超級:小野貴子さん

③2017オールジャパン選手権大会 フィットネスビキニ Over35 163cm超

第5回:2018年

●35歳以下158cm以下級:許冴恵さん

フィットネスビキニ Under35 158cm超級_2018オールジャパン選手権大会⑪

 

●35歳以下163cm以下級:ダンシーあずささん

ダンシーあずさ

 

 

 

 

 

 

 

パーソナルトレーナーの傍ら、フィットネスビキニ選手として活動する女性。スペインへの留学を経験したのち、日本にて各地のパーソナルジムや個人トレーニングを行っているようです。

フィットネスビキニ Under35 163cm以下級No.2_2018オールジャパン選手権大会⑤

 

●35歳以下163cm超級:安井友梨さん

フィットネスビキニ Under35 163cm超級No.2_2018オールジャパン選手権大会③

 

●35歳以上158cm以下級:秋本明子さん

フィットネスビキニ Over35 158cm以下級_2018オールジャパン選手権大会⑧

 

●35歳以上163cm以下級:松宮悠夏さん

松宮悠夏

 

 

 

 

 

 

 

パーソナルトレーナー&ダイエットアドバイザーとして活躍している選手であり、加圧トレーニングやヨガダイエットなどといった、多彩なスタイルを取り入れたボディメイクトレーニングを実践しています。

フィットネスビキニ Over35 163cm以下級_2018オールジャパン選手権大会⑨

 

●35歳以上163cm超級:長瀬陽子さん

長瀬陽子

 

 

 

 

 

 

 

1977年生まれのフィットネスビキニ選手であり、ミセスワールド世界大会代表を経て、42歳とは思えない抜群のプロポーションの持ち主。「IFBB 世界マスターズ選手権」では3位に入賞し、日本人初のメダリストとなったことでも有名な女性です。

フィットネスビキニ Over35 163cm超級_2018オールジャパン選手権大会⑩

第6回:2019年

●35歳以下158cm以下級:小谷野彩香さん

小谷野彩香

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドジムサウス東京に所属するフィットネスビキニの選手。美しさの中にたくましさを感じさせるスタイルが特徴です。メディアへの出演情報がないため、詳しいトレーニング方法や経歴などは明らかになっていません。

【オールジャパン2019】ビキニフィットネス 35才未満 158cm以下級【ビーレジェンド鍵谷TV】

 

●35歳以下163cm以下級:ダンシーあずささん

【オールジャパン2019】ビキニフィットネス 35才未満 163cm以下級【ビーレジェンド鍵谷TV】

 

●35歳以下163cm超級:大脇朋香さん

大脇朋香

 

 

 

 

 

 

 

「オールジャパン・フィットネスビキニ」において、一昨年は3位・昨年は2位と常に上位争いの中にいた選手。実力者揃いの163cm超級において、鍛え上げられたボディと圧倒的な存在感が評価され、見事第6回大会にて優勝を果たしました。

【オールジャパン2019】ビキニフィットネス 35才未満 163cm超級【ビーレジェンド鍵谷TV】

 

●35歳以上45歳未満160cm以下級:森佳美さん

【オールジャパン2019】ビキニフィットネス 35才以上45才未満 160cm以下級【ビーレジェンド鍵谷TV】

 

●35歳以上40歳未満160cm超級:安井友梨さん

【オールジャパン2019】ビキニフィットネス 35-40才未満 163cm超級【ビーレジェンド チャンネル】

 

●40歳以上45歳未満160cm以下級:吉嗣奈津希さん

吉嗣奈津希

 

 

 

 

 

 

 

ボディフィットネスのパーソナルトレーナーであり、NCCAトレーナー育成講師として活躍している選手。
「オールジャパン・フィットネスビキニ」だけでなく、同年には福岡オープン大会にて優勝「グランドチャンピオンシップ」のビキニフィットネスにて11位となるなど、国内でもかなりの実力を誇っています。

【オールジャパン2019】ビキニフィットネス 40才~45才未満 160cm以下級【ビーレジェンド鍵谷TV】

 

●40歳以上45歳未満160cm超級:長瀬陽子さん

【オールジャパン2019】ビキニフィットネス 40才~45才未満 160cm超級【ビーレジェンド鍵谷TV】

 

●45歳以上160cm以下級:関根秀子さん

関根秀子

 

 

 

 

 

 

 

トレーニング歴2年の「YANO’S GYM TOKYO」公認パーソナルトレーナー兼ダイエットプログラマーとして活躍している選手。「オールジャパン・フィットネス」の他にも、2016年の関東オープンではフィットネスビキニにて総合優勝を果たすなど、高いに実力を持っています。

【オールジャパン2019】ビキニフィットネス 45才以上 160cm以下級【ビーレジェンド鍵谷TV】

 

●45歳以上160cm超級:箭内(やない)真由美さん

箭内(やない)真由美

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドジムさいたまスーパーアリーナーに所属する選手であり、たくましさとしなやかさを兼ね備えた脚線美が魅力的です。メディアへの出演歴がないため、どのようなトレーニング・食事をしているのかは明らかになっていません。

【オールジャパン2019】ビキニフィットネス 45才以上 160cm超級【ビーレジェンド鍵谷TV】

第7回:2020年の開催日と場所は?

これまで数々の実力派選手が出場してきたことにより、さらなる盛り上がりが予想される「オールジャパン・ビキニフィットネス選手権」。

ここでは、第7回となる2020年の大会の開催予定日・場所についてご紹介していきます。

●「第7回 オールジャパン・ビキニフィットネス選手権」
(~35歳未満 158cm・163cm・163cm超級)
・日時:2020年9月20日(日)
・場所:神戸芸術センター芸術劇場(兵庫県神戸市中央区)

 

●「第7回 オールジャパン・ビキニフィットネス選手権」
(35歳以上~40歳未満 158cm・163cm・163cm超級)
・日時:2020年9月20日(日)
・場所:神戸芸術センター芸術劇場(兵庫県神戸市中央区)

 

●「第7回オールジャパン・ビキニフィットネス選手権」
(40歳以上~45歳未満 160cm以下・160cm超級)
・日時:2020年9月21日(月)
・場所:神戸芸術センター芸術劇場(兵庫県神戸市中央区)

 

●「第7回オールジャパン・ビキニフィットネス選手権」
(45歳以上 160cm以下・160cm超級)
・日時:2020年9月21日(月)
・場所:神戸芸術センター芸術劇場(兵庫県神戸市中央区)

タイトルとURLをコピーしました