ファンカスト一覧!女性も?ファンカストになるには?給料や応募方法を紹介

旅行

ディズニーシーでゲストを盛り上げてくれるファンカストさん。

おもしろくてびっくりするパフォーマンスに目を奪われます。ファンカストさんの動画を見だしたら止まらなくなった、という人もいるのではないでしょうか。

追っかけのファンまでいると言われるファンカストさんの一覧をどうぞ!

ファンカストになりたい!という人は給料や応募方法も最後に紹介していますのでチェックしてください。

ファンカスト一覧

オカさん


コメディーパフォーマーとしても人気のファンカスト・オカさん。

豊かな表現力と技術力から生まれるパフォーマンスの数々は、多くのゲストの目を奪います。

 

View this post on Instagram

 

Keikoさん(@keiko_dbjs)がシェアした投稿


「充電が切れた!」や「お正月版のゴミ箱磨き」など独特のパフォーマンスが魅力的なオカさんは、2019年2月にロストリバーデルタ付近にて目撃されています。

やまださん


ゲストの意表を突くようなアクションやトリッキーな動きが印象的なファンカスト・YAMADAさんはジャグラーとしての活動も行っています。


本業が忙しいのか、ファンカストとして活動している姿は2018年9月頃に多くのゲストに目撃されて以降、YAMADAさんの目撃情報がありませんでした。

YAMADAさんの公式ホームページ『THE GOOD PERFORMER』によると、NHK教育テレビなどでも出演しているとのことで、多彩な分野で活躍しているようです。

みねざきさん


アイドル的な人気のファンカスト・ミネザキさん。“DJ・MINEZAKI”をはじめとした、ゴミ箱から出てくる効果音を利用したパフォーマンスがおもしろい。

みねざきさんは打楽器奏者とパフォーマーという2つの顔を持つことでも知られています。

インスタグラムには2019年の3月にディズニーシーでミネザキさんと遭遇したという人の投稿もあり、現在もファンカストとしても活躍しています。コミカルで、キレのあるアクションは現在も変わっていないようです。

ミネザキさんの素顔やパフォーマンス動画も必見です。

シラスさん


ファンメンテナンスとファンカストの両方をこなすファンカスト・シラスさん。

2019年の3~4月頃にファンメンテナンス・ファンカストのどちらの姿でも目撃したという情報があります。

 

View this post on Instagram

 

Saori_Tsujinoさん(@saori.t_0602)がシェアした投稿

表情の豊かさが魅力的なシラスさんのパフォーマンスは、音と表情がマッチした大変コミカルなものとなっており、ゲストをいじる時にもコロコロと変わる表情が魅力的です。

ゲストからカメラを向けられた時のファンサービスもばっちり!

 

View this post on Instagram

 

snowgramさん(@snowgram43)がシェアした投稿

また、ネット上の情報によると、シラスさんの本業は「マジシャン」であるとされています。

SNS・TikTokなどには「結婚式にシラスさんが出演してくれた」という情報もあり、ファンカストとしての姿とはまた違った雰囲気で参加者を笑顔にしています。

 

五十嵐さん


クラウン・ユースケという名前でも知られているファンカスト・五十嵐さん。


キレのあるダンスやパントマイムが多くのゲストを虜にしてきた五十嵐さん。

2018年12月にファンメンテナンスとして、2019年1月にはファンカストとして活動している五十嵐さんの姿がそれぞれ目撃されており、現在もディズニーシーとディズニーランドのどちらにおいても活動しているようです。

三谷さん


ハロウィーンやパレードなど、季節やイベントならではのパフォーマンスが多くのゲストを笑顔にしてきた、白縁眼鏡が特徴的なファンカスト・三谷さん。


三谷さんのブログ『mine et performance kazu Kazuyuki Mitani』によると、2013年4月をもってファンカストを卒業しています。

現在は「マイムかず」という名前で活動中。時にパフォーマーとして、またある時には湘南鵠沼の『Studio_Le Soleil』にてインストラクターとして活動するなど、忙しく活躍されているようです。

橋本さん

アパフォーマンスだけでなく、移動中のアクションが道行くゲストを虜にしてきた人気ファンカスト・橋本さん。


マジシャンとしての活動経験を活かしたパントマイムは多くのファンを魅了してきました橋本さんは、2015年3月31日でファンカストとしての活動を引退しています。

現在は「魔法使いアキット」という名前のマジシャンとして活動しており、ショッピングモールやイベントのショーなどで子供から大人まで多くの人々を驚かせています。

ワダさん


キレキレのダンスとゲストへのファンサービスが魅力的なファンカスト・ワダさん。

 

View this post on Instagram

 

hasakiさん(@ha_saki14)がシェアした投稿

カメラを向けられると、ものすごいスピードで近くに来てくれるということでも有名なワダさんは、2019年の3月頃にアメリカンウォーターフロント付近での目撃情報がSNSに多く投稿されており、ファンカストとして現在でも活躍しているようです。

女性ファンカスト

ディズニーシーで出会えるファンカストは男性ばかり目にしますが「女性ファンカストはいないのか?」と気になりますね。

実はファンカストとして活動する人のなかには女性の姿もあり、2019年2月の時点で目撃情報があった女性ファンカスト・タカクワさん。


「おしゃべりポスター」や「聴診器」など、多彩な音と豊かな表情を活かした多彩なパフォーマンスが特徴的。

女性のファンカストさんは珍しいのでゲストの間でも出会えるのはかなりレアな存在だった人気の女性ファンカストさん。

SNSの情報によると、タカクワさんは2019年4月には「ファンカストを退職していた」という情報もあり、ファンカスト退職後現在何をしているのかは分かっていません。

 

ファンカストになるには?給料は?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 🗝 (@sbr4kski) on

ディズニーシー内のあちこちのエリアに出現し、音や多彩なパフォーマンスで多くのゲストを笑顔にしてくれるファンカスト達。

ゲストのなかにはファンカストに会うことを目的に訪れるという人も多く、アトラクションやディズニーキャラクター達にも負けないほどの人気を持っています。

人気ファンカストの動画や記事に関心を持つ人の中には「自分もファンカストになってみたい!」「たくさんの人を笑顔にしたい!」という気持ちを持つ人もいるのではないでしょうか?

ファンカスト(正式名称:ファン・カストーディアル)は、エリアごとの清掃を担当するカストーディアルの一部です。


『東京ディズニーリゾートキャスティングセンター』の採用ページには、カストーディアルの採用はあるものの、ファンカストとしての採用枠は存在しませんでした。

しかし「ファンカストになるには様々な条件が存在している」という噂があるのです。ネット上で話題となっている「ファンカストになるための条件」というのは、主に以下のようなものが挙げられています。

  • パントマイム・パフォーマンスができる
  • 声を出さなくてもゲストを楽しませることができる
  • ゲストさんの動きを予測し、即興でパフォーマンスができる
  • 音の仕組みが分からないように、自然な動きができる

ファンカストとして活動している人の多くが、マジックやパントマイムの技術を磨いてフリーのマジシャンやパフォーマーとして活躍しているため、カストーディアルとしての業務ができるだけでなく、多彩なパフォーマンス技術も必要となるとされています。

また、ファンカストをはじめとしたディズニーシーで活躍するキャスト達の多くは準社員(=アルバイト)という位置づけとなっています。

ファンカストの給料については明らかにされていませんが、参考として2019年5月時点のカストーディアルの給料を調べてみると時給(=基本時給+調整給)は1,050円となっています。また、18才以下の場合は時給910円以上とのこと。

時間帯によって手当が付くようになっており、交通費や着替え手当も受けられるようです。

応募方法は『東京ディズニーリゾートキャスティングセンター』のホームページにある「面接予約受付」ボタンから事前登録・個人情報の登録をします。

希望する職種への面接に案内可能な人は、後ほど連絡が来るようになっており、この時に面接希望日などを聞かれるとのこと。

「ファンカストやキャストになって多くの人を笑顔にしたい!」という方は是非チャレンジしてみてくださいね!

TDL版ファンカスト(ファンメンテナンス)に会える場所や時間はどこ?人気ファンメンテナンスさん動画一覧!

ファンカストの海外ディズニー版!日本のファンカストを見た外国人の反応は?人気動画を紹介

タイトルとURLをコピーしました