ひでこコルトンの評判とは?大学や家族(夫・子供)レシピについて|深イイ話1/14

グルメ

ニューヨークのセレブ料理家ひでこコルトンさん、NYの日本人の間では知らない人はいない、という有名人。

テレビ番組でレシピを紹介したり本も出版、ひでこコルトンさんの「おもてなし料理教室」が大人気の料理家です。

ひでこコルトンさんの評判や経歴(大学や夫・子供)、人気レシピ動画も紹介します。

2019/1/14 『深イイ話』カリスマ美人料理家として登場!

ひでこコルトン経歴や大学

 

View this post on Instagram

 

Hideko Coltonさん(@hidekocolton)がシェアした投稿

米国フジテレビFCIの料理番組「いま旬クッキング」に出演し、NYの日本人なら知らない人はいない!というほど人気のひでこコルトンさん。

ひでこコルトンさんのNY流のおもてなし料理教室が話題となり、受講した生徒は3000人以上という盛況。異色の金融業界から料理家へ転身した、ひでこコルトンさんの経歴について詳しくご紹介します。

ひでこコルトンさんは1964年12月生まれ。料理を始めたきっかけは10歳で母を癌で亡くし、自然とキッチンに立つようになったこと。

大学卒業後は日本長期銀行に入社しましたが、債権を扱う仕事がつまらなく感じ、ひでこコルトンさんは2年で日本長期銀行を辞め、株を扱う外資系証券会社に興味を持つように。英語力を付けるため米国屈指の名門校コロンビア大学へ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Columbia University (@columbia) on


帰国後には日系の金融機関に比べても相当高い水準の給料と言われるモルガン・スタンレー証券の日本支社に入社、ひでこさんが優秀な人材だったことがわかりますね。そして同僚であるアメリカ人男性と結婚、一緒に渡米。

渡米を機に仕事を辞めたひでこコルトンさんは、もともと好きだった料理を本格的に勉強するために、世界一の料理大学とも言われるCIA(カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ)に入学。料理の基礎を学びます。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by The CIA (@theculinaryinstituteofamerica) on


そろそろ子どもが欲しい頃だったそうですが、夫との価値観の違いから結婚5年目で離婚。料理の道へは行かず、離婚をきっかけに生活のため32歳のときにUBS証券会社に再就職します。

夢中で働いていたひでこコルトンさんに出会いが。友人の紹介で知り合ったアメリカ人男性と37歳で結婚し、2年後には待望の男の子を出産。

しかし仕事が忙しく、ずっと欲しかった子どもと触れ合えない生活に疑問を持ったひでこコルトンさんは、時間を調節出来る料理の道へ。42歳のときに「NYおもてなし料理教室」を開講。

美味しくて簡単なNYスタイルの料理教室は海外駐在員の奥様たちから大人気に。ひでこコルトンさんの料理教室を体験する方法、料金も詳しくご紹介していきます。

料理教室の料金や場所

 

View this post on Instagram

 

Hideko Coltonさん(@hidekocolton)がシェアした投稿

ひでこコルトンさんはNYのロングアイランドシティに住んでいます。絵に描いたような大都会での暮らし、華やかですね。

NYおもてなし料理教室は自宅で行われていましたが、最近はオンラインで動画を視聴して学ぶスタイルに変更。

毎月5回の配信。前菜、メインコース、デザートのレシピ付きです。

お値段は、月$75(約8,200円)
年間一括$720(約78,000円)
年間&NYでのプライベートクッキング付き$1,500(約16万円)

自宅で行われていた教室と違い、自分でネットでの配信動画を見ながら学ぶスタイルで月およそ8千円は高いと感じるか安いと思うか、人により異なるところでしょう。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Hideko Colton (@hidekocolton) on


NYおもてなしスタイルを受け継ぐ生徒の育成に力を入れているひでこコルトンさん。ひでこコルトンさんのNYスタイルを学ぶ、料理教室を主宰したい人に向けた指導者向けコースが3つあります。

・エクスプレス:NYスタイルのおもてなし、コルトンメソッドを1日で学べるコース
午後1時~4時まで3時間・$1,950(約22万円)

・エキスパート:NYスタイルエキスパートとしてコルトンメソッドをフルに取り入れた1日マンツーマンコース
午前10時~午後4時まで(ランチ含む) $2,950(約32万円)

・マスター:NYおもてなし料理教室認定校の講師資格を取得できる、料理教室をスタートさせたい方向けのコース
2日間マンツーマンでしっかり指導。料金は明記されていませんでした。

NY流のおもてなしを体験できる、認定校での料理教室が2019年春から一斉にスタートします。日本では鎌倉、軽井沢で開講されます。会費は100$(約1万円)

ひでこコルトンの評判

 

View this post on Instagram

 

Hideko Coltonさん(@hidekocolton)がシェアした投稿

毎週末行われるという、ニューヨークのパーティー。新しさを求めるニューヨーカーたちを満足させるために、主催者はサプライズを大事にします。

ひでこコルトンさんのNY流のおもてなしは料理だけではなく空間にも及びます。まずテーマを決め、雰囲気に合った音楽を流し、お部屋やテーブルを飾り付け。料理には遊び心と、意外性のある味付けで工夫します。

評判は「“私には出来ない!”と思ってしまうのが、作り方を教えてもらうと「あれ、私にも出来るかも」と思ってしまうのがすごい」と、教えてもらった生徒さんも満足な様子。

現在、NYおもてなし教室はオンラインで動画を視聴しての受講となっています。日本では見かけない珍しい食材を、名前から分かりやすく解説して使っているのも海外駐在員の奥様から支持されるひとつ。評判や感想は・・・

「世界中どこにいても映像を通して受講できる画期的な教室で驚きました。アメリカのどんな材料を使ってどんなレシピか毎回ワクワクしています」

「ショーみたいで楽しい!子どもと動画を楽しんでいます」

「テーブルセッティングに溜め息」

普段のレシピで使用するものを意外な材料にするだけの簡単なレシピ。楽しませよう、という心持ちだけで食卓がワンランクアップしますね。

『NYのおもてなしレシピ』

「悪徳」な噂とは

ネットの検索ではひでこコルトンさんの名前と並んで、なぜか「悪徳」というキーワードが出てきます。実際に何かしら被害にあった、という話は今のところ探しても情報がないため、どういう理由で「悪徳」のキーワードがあるのかは明確ではありません。

色々調べていると、あくまで推測ではありますが、新たなひでこコルトンさんのオンラインコースが何か引き金になっている?のではないかとも思われます。「コルトンメソッド」という料理教室だけではなく『好きなことで起業できた経験をもとにしたビジネス』の指導を始めているものです。

コルトンメソッドとは、“「好き」を見つけて「楽しむ」だけで「選ばれる私」になるライフスタイルを最強ブランド=ビジネスに変えるための仕事・人生・お金のハッピーメソッド。”

競合相手との差別化、起業戦略なども盛り込み、好きなことを仕事にして成功するために、自分をブランド化していくというものなのですが、「夢を実現させる」という言葉がなんとなく怪しく感じてしまうのでしょうか。

公式HPでは「起業ラッシュですでにチャンスがないように思えたのですが、先生のコースを取って考えが変わりました!」「このコースを人に勧めるか?誰にも教えたくないくらい素晴らしいです!」

と、耳触りの良い口コミが並んでおり、怪しさに拍車をかけているように感じますが、受講してみないことには判断出来ません。

オンラインコースの料金は$1,844.50(約20万円)と高額なこともあり色んな噂が出ている可能性も考えられますし、商売敵がイメージを悪くさせようとしている場合もあり得るでしょう。

『ニューヨーク流自分を魅せる力』

ひでこコルトンの夫や子供

 

View this post on Instagram

 

Hideko Coltonさん(@hidekocolton)がシェアした投稿

ひでこコルトンさんが37歳のときに結婚した夫は、4つ年下のアメリカ人男性、ジョナサンさん。前の夫は違い、自然体で飾らない可愛らしい人だ、とひでこコルトンさん本人が語っていました。

インスタグラムでは、ひでこコルトンさんの料理を手伝う姿も。ジョナサンさんの優しさが伝わります。

ひでこコルトンさんは息子さんが1人、2019年で15歳になる、大河くん。大河くんはあまり写真に写りたがらないようですが、インスタグラムでは度々、成長する姿が投稿されます。

大河くんはアイスホッケーをしており、アイスホッケーの少年団、セントラルパーク・ホークスのキャプテンを務めているそう。とっても仲の良い家族で、微笑ましいですね。

厳選・人気レシピ

米国フジテレビFCIで人気の料理番組「いま旬クッキング」に出演しているひでこコルトンさん。
NYの四季に合わせて旬の食材を使った料理を提案していきます。

おすすめのレシピ動画3選をご紹介します。

ホリデーシーズンぴったりのホームパーティー料理 / ひでこコルトン

クリスマスや年末年始のホリデーシーズンにぴったりのホームパーティー料理。

アペタイザーのピンチョスと言われる一口サイズのフィンガーフード3種類。
・洋ナシとゴルゴンゾーラの生ハム巻き
・玉ねぎとグリエールチーズのタルト
・ツナクリームのタルト

巻くだけ、混ぜるだけで簡単。

メインのブリスケット(牛肉)の煮込みは鍋の中で調理が終わるので難しい工程がありません。

Artichoke&Anchovy Pasta / ほくほくアーティチョークとアンチョビのパスタ

ほくほくアーティチョークとアンチョビのパスタ

中々手を出しにくいアーティチョーク。
アーティチョークはカリウムや抗酸化物質を多く含むので、高血圧や心疾患予防に効果的。

アーティチョークは緑色が鮮やかで、締まっている、茎がみずみずしいものを選びます。
頭と茎を落とし、タケノコのように皮を剥き、中の黄緑色部分を使います。

レンジで加熱したアーティチョークとアンチョビの缶とレモン、ハーブとパスタと絡めるだけ。
下ごしらえの注意点が分かりやすく解説されています。

ターキーのミートローフ&パンプキンとサツマイモスープ / ひでこコルトン

ターキーのミートローフ&パンプキンとサツマイモのスープ

アメリカで定番のターキー、味はたんぱくで、丸焼きは大変。
そんな方におすすめのターキーのひき肉を使ったレシピです。

ミートローフはセージと羊のチーズが隠し味。
煮込みハンバーグと調理方法がほとんど同じで、作りやすいです。

オレンジ色のパンプキンは飾るだけでなく調理できます。
サツマイモ、玉ねぎと一緒に鍋で煮て、ハンドミキサーでピューレに。

全体的に、見た目はゴージャスなのに、作り方はとっても簡単という印象があります。
ひでこコルトンさんが支持されているのも納得です。

ちょっとしたポイントを知るだけで、簡単で美味しく、NY流の料理が出来るのはすごいですね。

→ひでこコルトンさんの本

『NYのおもてなしレシピ』
『ニューヨーク流自分を魅せる力』

タイトルとURLをコピーしました