細木数子の現在(2019)姿とは?京都の家や認知症・病気について

「もう死に支度を始めている」と言われる細木数子さん。

80代になり細木数子さんの娘がテレビにも登場。細木数子さん自体は現在どうしているのでしょうか。最近の画像などを見てみましょう。

京都の大豪邸や、噂される病気や認知症について、世の中に溢れている報道や噂をまとめました。

細木数子の娘

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 細木 かおり (@kaori_hosoki_official) on


2月4日、日テレ「しゃべくり007」の2時間スペシャルに出演する、細木かおりさんが話題になっています。

現在40歳の細木かおりさんは「ズバリ言うわよ」の台詞で有名な細木数子さんの後継者。細木数子さんがバラエティ番組に出演していたのは10年以上前のこと。2019年で81歳と高齢になった細木数子さんは後継者探しに必死になっていました。後継者になって欲しいと細木数子さんが頼み込んだのが、娘の細木かおりさん。

細木かおりさんは実の娘ではなく、細木数子さんの姪っ子です。家庭の事情で3歳まで細木数子さんが面倒を見ており、娘のように可愛がっていました。細木かおりさんも母のように細木数子さんを慕うようになり、2016年に養子縁組し戸籍上でも親子の関係になったと週刊誌で報じられています。

カラフルな石が縫い付けられた派手な衣装を纏って、テレビに出演する細木かおりさん。ハイブランドの洋服や高価なアクセサリーは細木数子さんから借りていると、知人の方のブログで語られていました。

ネットでは「後継者いるんだ」という驚きと、「細木数子さんのキャラも受け継いでいるといいな、どんな話し方をするのか楽しみ」という声があります。

細木数子の現在の姿

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 女性自身(光文社) (@joseijisin) on

2019年で81歳の細木数子さん。10年以上前にテレビ出演されていたときは、ふくよかで豊かな印象でした。しかし、現在はかなり痩せられていて、以前と比べて一回りも違うなどと言われています。

出版している六星占術による霊合星人の本の表紙は、細木数子さん自身の写真を使用しています。

本を手に取った方や、開運カレンダーを購入した方は細木数子さんの痩せた姿に「テレビに出てた頃と変わらない立ち姿だけど、すごい痩せた」と驚いていました。

高齢になってくると重い身体をコントロールするのは難しいので、かえって痩せた方が健康的には良いのでしょうか。


最近の動画は、youtubeの細木数子さんのチャンネルで2017年までの姿を見ることができます。

「派手さがなくなって、可愛いおばあちゃんみたい」

「全く老けた感じがしない。逆に若返った?」

細木数子さんがテレビに出演していた「ズバリ言うわよ!」の最高視聴率は23.5%という多くの人に見られていた人気番組です。当時視聴していたであろう視聴者がその変わりぶりに関心を寄せていました。

占いで2019の死を予言?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Mizup!nk© (@miiiiz0412) on


週刊誌で取り上げられ話題になったのが、2014年秋頃に「私の寿命はあと5年」と自ら予言したということ。2019年がその予言の年です。

2016年に「少しずつ引退していこうと思う」と発言。

細木数子さんが行う月1回の勉強会は2017年7月に定期開催を終了し、現在は後継者である細木かおりさんが「Kaorism」と名前を変えて講演をしています。毎年1月2日に京都で行われる初詣会には、細木数子さんの姿がなく、かわりに細木かおりさんが壇上に立ったと週刊誌の取材で明らかになっています。

六星占術で土星人-に当たる細木数子さん。2019年の土星人−は「停止」の年で大殺界に突入します。「もし本当に予言が当たるなら、私はどうなっちゃうの」と同じ土星人-の方が心配していました。

事務所から、細木数子さんの寿命について詳しいことは回答されていないとのことです。「しゃべくり007」で細木数子さんの寿命について触れることがあるのか、注目です。

京都の家とは

細木数子さんは東京・神楽坂と京都に家を持っています。2016年に完成した東京の4階建ての家は、土地を含めて3億5千万円という大豪邸で、その大きさに周囲の住民が驚いていました。

京都にも大きな邸宅を構えていますが、その裏に建設費70億円とも言われる寺院を建てました。場所は京都府京都市右京区梅ケ畑猪ノ尻町。細木数子さんは「後世に残る建物を造りたい」という想いで、恩師である思想家、安岡正範の菩提寺の建設に踏み切ったと週刊誌やテレビでも報じられています。

実は巨大寺院を建てる前、2012年にもともと料亭だった建物を買い取って、同じ嵯峨野に「洸明寺」というお寺も造ったと「六星新聞水色の会」第40号に掲載されていました。洸明寺は家族がおらず亡くなったとき無縁仏になってしまう方のために、永代供養をする目的のお寺です。

そして2018年9月頃には、巨大寺院の隣に細木数子さんの自宅を新しく建てました。もともとある家は大きすぎるため、小さく建て直したという新しい自宅は「死に支度をしている」と細木数子さん自身が発言した通り、終の棲家ということでしょうか。

東京の大豪邸は娘の細木かおりさん家族と一緒に住んでいました。東京の家と仕事を細木かおりさんに譲り、巨大寺院の側で穏やかに暮らしていくつもりなのではないかと推測されます。

現在は認知症・病気の噂

細木数子さんがテレビ出演を控えたことに対し、世間では認知症や、他の病気について噂が囁かれています。なぜそういった噂が出るかというと、一番影響が大きいと思われるのは細木数子さんが急激に痩せたことです。

病気じゃないか、と疑われるほど体型が変わっていますが、特に病気についての発表はありません。不定期に勉強会を開くこともあります。認知症についても、実際に疑われる症状があったという情報はありません。

近年体調を崩すことが多くなってきた細木数子さんは、手を震わせて杖をつく姿の目撃もありました。2019年で81歳とかなり高齢なので不思議ではないことでもあります。前のような厳しい雰囲気はなく、穏やかな表情になったとも言われていました。

近年「細木数子TV」というインターネット動画を配信している細木数子さん。お試しの動画を視聴してみると体型こそ変わりましたが、しゃきっと立ち上がり、淀みなく会話をしています。「昔と変わらない、元気な姿を見れて良かった」と感想が寄せられていました。
細木かおりの鑑定の値段・申し込み方法とは?旦那や子供について

銀座の母占いの予約方法や料金、口コミについて