【メンサ会員】河瀬季(かわせとき)はITエンジニア?弁護士?

河瀬季メンサ会員
スポンサーリンク

河瀬季(かわせとき)とは?

1981年生まれ、東京都出身。IT・インターネット・ビジネスに関する相談を専門に扱う「モノリス法律事務所」の代表弁護士であり、ジャパンメンサ会員の男性です。

大学在学中からフリーランスのITエンジニアや、IT関連メディアへ記事を寄稿するライターなどといった活動を行っており、20代という若さで自らIT企業経営を行うなど、実に異色な経歴を持っています。

河瀬さんがIT業界に関心を持つきっかけとなったのは、小学3年生の頃に両親から買い与えられたパソコン。

当時、パソコン雑誌に書かれたゲームのプログラムを自分で打ち込んで遊んでいたようで「プログラムを試行錯誤して創り出す楽しさ」を知ったのだそう。

また、弁護士になった動機については「医者は6年かかるが、弁護士なら3年でなれる」という軽い理由であったと『LISTEN』のインタビュー記事で話しています。

幼いころから仮説検証・問題解決を得意としていたことから、弁護士の仕事はまさに河瀬さんにとって天職といえるのではないでしょうか。

弁護士としてスタートした時期は遅めであったとのことから、一般的な弁護士のように多彩なジャンルの案件をこなすのではなく「IT」という専門分野に絞ったのだそうです。

弁護士として活動をはじめてから2年目で、東証一部上場企業の顧問弁護士としての依頼を受け、4年目には1兆円企業からの案件を受けるなど、敏腕弁護士としてめきめきと頭角を現していきました。

現在では、ITベンチャー企業法務・東証一部上場企業などをはじめとした、幅広い形態の企業の顧問弁護士・役員を請け負っており、数々のメディアなどでも話題に。

また、インターネット上のデータ復元や誹謗中傷対策などを専門とする「イースター株式会社」の代表取締役としての活動の傍ら、メンサ会員としての頭脳・才能を活かした脳活本や専門分野に関する自著を執筆しています。

河瀬季(かわせとき)の出身大学は?

河瀬さんは、筑波大学駒場中学・高校を卒業し、東京大学法科大学院出身であるとインタビュー記事などでも語られていますが、在籍していた「大学」については明らかにされていません。

幼少期に親しんでいたプログラミングなどをきっかけに、大学の工学部に進学したと語っていることから、おそらく東京大学の工学部ではないかと考えられます。

一般的に、在籍していた大学から他大学の大学院へ入るのは、研究スタイル・テーマなどの都合によりかなり難しいとされています。

しかし河瀬さんの場合、分野が大きく異なるうえ、類稀なる知能を持ち合わせていることから、他の大学から難関とされる東京大学法科大学院に入っていても不思議ではないでしょう。

河瀬季(かわせとき)の職種経歴は?

河瀬さんは、学生時代からフリーランスとして様々な仕事に携わってきた経験を持っています。ここでは、河瀬さんのこれまでの職種経歴・仕事内容についてご紹介していきます。

●フリーランスのITエンジニアとして、ホームページの作成・ウェブサービスの開発、SEO対策を請け負う

●『PCJapan』をはじめとしたPC・IT情報雑誌の執筆を行う

●ベンチャー企業から上場企業まで、約60社の顧問弁護士を努める

●イースター株式会社の代表取締役兼弁護士

●コスモポリタン法律事務所のパートナー弁護士を担当

●株式会社KPIソリューションズの監査役

●株式会社BearTailの最高法務責任者を務める

●ソフトバンククリエイティブ社をメインクライアントとして、PC関連雑誌への寄稿・執筆を行う

●2018年3月より現在まで、モノリス法律事務所の代表弁護士を務める

河瀬季(かわせとき)はいつ・なぜメンサ会員になった?

河瀬さんは、人類の上位2%以内という高い知能を持つ人々が集まる団体『MENSA』の会員の1人であり、自身のツイッターでも合格時のメールの内容を掲載しています。

ツイッターの内容によると、メンサの試験を受けたのが2014年の5月24日、合格が決定したのが同年の6月11日。

メンサ会員になった理由については明らかにされていません。

しかし、幼いころから類稀なる知性とひらめきを大いに活かしてきた河瀬さんですから、自分と同じような考え方・ひらめきを共有できる人々が在籍する団体に関心があったのではないでしょうか。

下の関連記事では、メンサ会員や川瀬さんと同じくメンサ会員の岩永徹也さんや小岩井ことりさんについて詳しくまとめていますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

メンサとは?日本の芸能人/有名人一覧|MENSA会員になるためのテスト問題例や試験について

岩永徹也(テラスハウス・仮面ライダー)薬剤師でメンサの高IQとは?プレバト12/14

【メンサ会員】高IQ声優の小岩井ことりとは?プロフィール等まとめ

河瀬季(かわせとき)の本

デジタル・タトゥー──インターネット誹謗中傷・風評被害事件ファイル

 

 

 

 

 

 

 

デジタル・タトゥー──インターネット誹謗中傷・風評被害事件ファイル

IT知識が豊富な弁護士である河瀬さんが、インターネットから発生した問題がその枠を超え、実生活に影響を及ぼす末に法的な解決が求められた場合、どのように解決されていくかを語る内容です。

河瀬さんの一人称視点で進み、ネット問題の解決や訴訟についての解説や知識がつくだけでなく、読みやすく小説としても楽しめます。

 

MENSA弁護士に挑戦! もっと頭がよくなる 大人の「超難問パズル」

 

 

 

 

 

 

 

MENSA弁護士に挑戦! もっと頭がよくなる 大人の「超難問パズル」

河瀬さんが厳選したパズル問題集です。キレイに解けた時にとても気持ち良いです。

凝り固まった頭脳を柔らかくするために、トレーニング用に購入している方もいる様です。

タイトルとURLをコピーしました