川谷萌・眼鏡職人(めがね舎ストライク)の価格や場所はココ!セブンルール

セブンルール

斬新でおしゃれなデザインが魅力の眼鏡職人・川谷萌さん。長年の修行というイメージのある職人の世界で、販売員を経て、修行を積み、オーダーメイドの眼鏡職人となった珍しい存在の川谷萌さん。

川谷さんの修行した福井の職人さんについてや、めがね舎ストライクお店の情報、眼鏡の価格などお伝えします。
フジ『セブンルール』10/2出演

メガネ職人・川谷萌

 

View this post on Instagram

 

A post shared by YUICHI YOKOYAMA (@meganeya_strike_yokoyama) on

眼鏡の販売員から職人となった女性・川谷萌さん。

学生時代に眼鏡のデザイン・造形の魅力に惹かれて、おしゃれな眼鏡のセレクトショップ「POKER FACE」で働いていた川谷さん。


眼鏡職人になった川谷さんは、「JAZZ×眼鏡」をコンセプトに聴けなくなったレコード盤を表面に利用した目鏡「The Record Glasses 『Evans』」を企画し、話題となりました。

ジャズなどの音楽文化の発祥地である神戸にマッチし、「神戸新聞社」の記事に取り上げられました。

 

View this post on Instagram

 

めがね舎ストライクさん(@meganeya_strike)がシェアした投稿

川谷さんのユニークかつアーティスティックな発想と卓越した眼鏡造りの技術は、現在も多くの人々を驚かせています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by かわたに (@meganeya_strike_shokunin) on

「私がつくった眼鏡をかけたいと思ってくれる人が一人でも多くふえるように」という思いを胸に、日々眼鏡造りにいそしむ川谷さん。物作りに熱心に取り組む職人さんの姿はカッコイイですね。

川谷萌の修行先 雨田大輔

川谷さんが眼鏡職人を目指し2015年に職人としての技術を高めるべく師事したのが、有名な眼鏡職人である雨田大輔(あまだだいすけ)さん。

引用:http://blinc.co.jp/blinc/journal/9172/

雨田さんは別名「ミスタークラフツマン」と呼ばれており、福岡県鯖江市を拠点とする眼鏡ブランド「MEGANE ROCK(メガネロック)」のデザインから製造までをたった一人で手掛けるスゴ腕の職人なのです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by DaisukeAmada👁‍🗨 (@meganerock) on


ファッション業界・眼鏡メーカーでの勤務を経て、1つの眼鏡ブランドを立ち上げるまでに至った雨田さんの、眼鏡に対する熱意は多くのメディアや眼鏡職人から高く評価されています。
価格や通販詳細はこちら→MEGANE ROCKの価格やデザインを見てみる

めがね舎ストライクとは

川谷さんが勤務している「めがね舎ストライク」は、代表取締役の比嘉大輔さんと川谷さんの2人で経営している眼鏡屋です。

引用:http://www.kiss-fm.co.jp/4seasons/archives/28164/

海外での大量生産による眼鏡のリーズナブル化・コスト削減が重んじられる現代において、「日本人ならではの繊細な技術と感性、お客様1人ひとりへの気配りを大切にする」というコンセプトにこだわって運営しています。

同じようなフレームから似合う物を選ぶのではなく、対話によって個々にあった1本の眼鏡をゼロから造り上げるため、多くの眼鏡ユーザーに支持されています。

引用:http://meganeya-strike.com/

また「めがね舎ストライク」は「眼鏡屋」であるのと同時に「まなび屋」としても展開されています。

眼鏡の販売だけでなく、工房で日々眼鏡造りに従事する職人の様子を体験できるめがねづくり体験も開催されており、デザインや製造、仕上げなどといった全ての行程を体験することがでます。

眼鏡を作る楽しさが体験できるとはまさに世界に一つの物を生み出す貴重な時間になりますね。体験価格はコースにより10000円〜25000円。

めがね舎ストライクの価格

 

View this post on Instagram

 

A post shared by めがね舎ストライク (@meganeya_strike) on


「めがね舎ストライク」では完全オーダーメイド型の眼鏡と、16万通り以上の組合せの中からお客様1人ひとりに合った1本を探すセミビスポークという2つの販売方法があります。

完全オーダーメイドのビスポークは素材・フレームデザインなどによって価格が変わってくるため、決められたセット価格ではなくその人の選んだ物による、となっています。

また、セミビスポークでは「めがね舎ストライク」のインスタグラムにおいて、組合せ例の一部が掲載されており、平均価格は43,200円となっています。

 

View this post on Instagram

 

めがね舎ストライクさん(@meganeya_strike)がシェアした投稿

オーダーメイドということもあり、通販サイトは現在のところ用意されていません。

めがね舎ストライク場所

 

View this post on Instagram

 

A post shared by めがね舎ストライク (@meganeya_strike) on


お店の場所は三宮、生田神社の近く。白地に「ストライク」の看板が目印!

店舗名:めがね舎ストライク
住所:兵庫県神戸市中央区中山手通2丁目13-8エール山手ビル2F
電話番号:078-222-9889
営業時間:12:00~20:00
定休日:無休
ホームページ:http://meganeya-strike.com/

~まとめ〜

「眼鏡職人」という芸術的で奥が深い職業において、お客様1人ひとりに合った眼鏡造りに日々情熱を燃やす川谷さん。

  • 川谷さんは、廃レコード盤を使用した斬新なデザインの眼鏡「The Record Glasses 『Evans』」でも話題となった女性の眼鏡職人
  • 川谷さんが師事した眼鏡職人・雨田大輔さんは、眼鏡ブランド「MEGANE ROCK」の全てを1人で手掛けるスゴ腕の職人
  • 「めがね舎ストライク」の価格は、オーダーメイドによる眼鏡作成費用は素材によって異なりますが、セミビスポークは平均価格43,200円