神戸アジアン食堂バルSALA(黒田尚子店長)店の場所・メニュー・評判・通販・instaについて【セブンルール】

神戸アジアン食堂バルSALAセブンルールグルメ

アジアの国々の料理が日替わりで楽しめる神戸の人気店アジアン食堂バルSALA

店長の黒田尚子さんが『セブンルール』出演でさらに注目が集まっています。

メディアで話題の黒田尚子店長の神戸アジアン食堂バルSALA、場所やメニュー、予約方法、instagramや通販情報をチェックしてみましょう。

神戸アジア料理 黒田尚子店長

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 【公式】神戸アジアン食堂バルSALA (@sala.kobe2016) on

タイや中国などのアジア諸国の女性達が日替わりで厨房に立ち、各々の故郷の料理を振る舞うというユニークなコンセプトが注目されているアジア料理店『神戸アジアン食堂バルSALA』。

店長である黒田尚子さんは兵庫県神戸市出身の30歳。

店が掲げている独特のコンセプトについては、関西学院大学社会起業学科の1期生として勉学に励んでいた時に「結婚などを期に来日したものの、言語や文化の違いになじめずに苦しんでいる人」の存在を知ったのがきっかけとのこと。

在日外国人女性達との交流のなかで、黒田さんは「母国料理こそ彼女たちの強みだ」と感じ「自信を失くした女性たちを、料理を通して支援をしたい」という考えから、校内で在日外国人女性達による料理を提供する屋台を出店するボランティア活動を開始。

当時は学生だったということから「自己満足でしかない」という批判を浴びせられる場面もあったそうで、ボランティア活動の限界を感じた黒田さんは卒業後にリクルートライフスタイルへ就職します。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 「 7RULES ( セブンルール ) 」 (@7rules_ktv) on

2018年6月23日の『朝日新聞』紙面によると、この時すでに起業することを見据えていたとのことで、人気情報誌『ホットペッパー』の営業・編集に携わるなかで「どうすれば客が足を運んでくれるのか」を飲食店経営者と議論するなど、たゆまぬ努力を重ねていたようです。

約3年間の勤務の末、2016年7月に父親と一緒に『神戸アジアン食堂バルSALA』をオープンさせました。

現在は中国・タイ・フィリピン・ネパールなどのアジア圏出身の女性8人が日替わりで働いており、国によって異なる本格的なアジア料理を楽しめると口コミやSNSで高い評価を得ています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 【公式】神戸アジアン食堂バルSALA (@sala.kobe2016) on

また雇用をさらに拡大するため「移動食堂」のクラウドファンディングを開始。(詳細:http://kobe-sala.asia)

神戸アジアン食堂バルSALAのメニュー


日々のメニューはフェイスブックにて更新されていますので、気になる方はこまめにチェックしましょう。

●グリーンカレー(850円)

日本人の間でもよく知られているタイ料理の1つ。時間をかけてじっくり抽出したココナツの油を使用しているのが特徴であり、ココナツ独特の深いコクにホーラパーと呼ばれるハーブの爽やかな風味がアクセントになっています。

辛さ調節も可能になっていますので、辛さが苦手な方でも気軽に楽しめますよ!

 

●日替わりランチ(950円~)

店内でシェフを務める在日外国人女性達お手製の日替わりランチメニューであり、各国の「おふくろの味」を堪能することができます。

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 【公式】神戸アジアン食堂バルSALA (@sala.kobe2016) on


●魯肉飯(ルーローファン)(850円)

台湾の郷土料理の1つであり、台湾醤油や米酒・砂糖などで作った甘辛煮汁で煮込んだ豚バラ肉をあつあつのご飯にたっぷりかけた丼系メニューの1つです。

味付けは台湾人シェフによる完全オリジナル!

皮付きの豚バラ肉や肉厚のしいたけの食感はもちろん、思わずご飯のお代わりが欲しくなるような丁度良い甘辛さ加減が幅広い年代を虜にしています。

 

●台湾ホルモン生姜炒め(550円)

八角などのスパイスでじっくり煮込み、丁寧に臭みを抜き取った豚の大腸を千切りにした国産生姜と一緒にピリ辛風味に炒めた料理。ご飯のお供・お酒のおつまみとしても大人気です。

 

●レントムサップ鍋(3,000円)

タイの郷土料理の1つ。激辛として有名ですが、スープには青唐辛子に加えて緑色の野菜・パクチー茎などをオリジナルに加えており、辛いのが苦手な方でも楽しめるように3段階の辛さが用意されています。

辛い味が大好きな方には、青唐辛子たっぷり激辛スープに仕上げてくれるとのことですので、本場・タイの味に挑戦してみたい方・激辛料理が食べたい方はぜひリクエストしてみましょう。

 

●カオマンガイ(揚げ:900円、蒸し:850円、ラープ:950円)

東南アジア周辺地域においてポピュラーな料理の1つであり、ジャスミンライス・もち米をブレンドしたご飯を鶏出汁で炊き上げたものに、生姜・パクチーの根・バイトーイなどの現地ならではの食材をたっぷり使用。

店内では、生姜をベースとしたあっさり系の「蒸し」と甘辛チリソースで仕上げたがっつり系の「焼き」、刺激的な風味が楽しめる「ラープ」という3種類の食べ方が楽しめます。

「どの味も気になる!」という方には3つの食べ方のうち2種類を自由にチョイスできる「選べるカオマンガイ」(1,000円)も用意されていますので、気になる方はこちらもチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

神戸アジアン食堂バルSALAの口コミ評判

各国の本格的なアジア料理が楽しめるとして人気を集めている『神戸アジアン食堂バルSALA』。

この記事を読んでいる方のなかには「ぜひ行ってみたいけれど、実際に行った人の評価が知りたい!」という人もいるのではないでしょうか?

そこでここでは、実際に『神戸アジア食堂SALA』を訪れた人の口コミ・評価をご紹介します。

《『神戸アジアン食堂バルSALA』のココが良い!》

●アジアの現地に行かなくてもこの味が神戸で楽しめるのは嬉しい!
●接客がすごく丁寧!辛さやトッピング・量なども好みに合わせて対応してくれる
●パクチー好きにはたまらないお店
●料理だけでなく、お店の雰囲気も最高!

 

View this post on Instagram

 

✴︎ パクチー大盛りもできるよ🌱🌱 #神戸アジアン食堂バルsala #kobe#japan#asian#asianfood

A post shared by Arisa (@harissa_but_not_chilli) on


『神戸アジアン食堂バルSALA』の注意点

●すぐに満席になっちゃう…

アジアの「おふくろの味」が楽しめるという点はもちろん、店内の雰囲気や接客なども口コミでは高く評価されているようで、幅広い年代から人気を集めています。

しかし話題となっている店であるうえ、店舗自体が小規模であるということから、予約なしでの利用が難しくなっているという声も多くなっています。実際の利用時にはあらかじめ予約しておくことをおすすめします。

神戸アジアン食堂バルSALAの予約方法・場所・通販情報

住所:神戸市中央区元町通2-3-16 食味館1階
営業時間:11:30~15:00 / 17:30〜22:00
定休日:日曜日・火曜日
電話番号:078-599-9624
予約方法:神戸アジアン食堂バルSALA ネット予約

通販できるメニュー:魯肉飯・グリーンカレー
通販サイト:https://shop.kobe-sala.asia

スポンサーリンク

神戸アジアン食堂バルSALAのinsta・Twitter

『神戸アジアン食堂バルSALA』はインスタグラム・ツイッターなどのSNSも運営しています。

その日の混雑状況やメニュー紹介はもちろん、店内の雰囲気なども紹介していますので、気になる方は要チェックですよ!

●『神戸アジアン食堂バルSALA』のツイッター

●『神戸アジアン食堂バルSALA』のインスタグラム

●『神戸アジアン食堂バルSALA』のフェイスブック

 

タイトルとURLをコピーしました