紅白・総合司会者&勝敗 歴代一覧【2018最新】いつ発表?予想される人とは

音楽

NHK紅白歌合戦司会・総合司会者の歴代一覧。初回から2017年までの勝敗結果とともに。

例年いつ頃紅白司会は発表されている?過去の司会者名、歴代最年少司会者など。2018年の司会者に予想されている人物とは?

2018紅白司会は発表いつ?

 

View this post on Instagram

 

NHK紅白歌合戦さん(@nhk_kouhaku)がシェアした投稿

毎年も気になるのが、紅白歌合戦の司会です。2018年も様々な憶測が飛び交う中、NHKからの正式発表は、例年いつ頃だったでしょうか?

遡って発表日を確認すると、2017年・2016年の紅白司会は11月13日に発表されました。

2015年は大幅に遅れ、11月26日に発表。

2014年は10月10日、2013年は10月16日と、かなり早い時期に発表がありました。

近年の傾向から推測すると、2018年は11月12日(月)~16日(金)あたりには発表される可能性が高いですね。

紅白司会者歴代 2017・2016・2015

紅白司会者、まずは記憶にも新しい最近の3年間を紹介します。

2017年

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ♡ (@213ksm___) on


紅組司会者:有村架純

白組司会者:二宮和也(嵐)

総合司会者:内村光良(ウッチャンナンチャン)

勝敗:白組

 

View this post on Instagram

 

A post shared by つぶやき王子 (@niceboke) on


評価や感想

  • 熱い紅白だった、最後の栄光の架橋が泣かせる!
  • カメラワーク、スイッチングが酷かった。歌以外の要素が多い。
  • 司会の3人がリラックスしていてまとまった司会だった。
  • 昨年より有村架純さんの司会スキルが上がってたのと、二宮君のサポーター的な動きが絶妙。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 小雫 (@satoshizuku1126) on


安室奈美恵さんの中継、登美丘高ダンス部のパフォーマンスは高評価。

しかし、乃木坂46とバナナマン日村さんのコラボには批判が多く、欅坂46のダンスは絶賛されたものの、メンバーが体調を崩してしまう場面も。

2016年

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ᴋᴀsᴜᴍɪ (@kasumino1) on


紅組司会者:有村架純

白組司会者:相葉雅紀(嵐)

総合司会者:武田真一(東京アナウンス室)

勝敗:紅組

評価や感想

  • 出演している方々、歌手のパフォーマンスは良かったと思いますが、繋ぎや演出のやり方がすごくもったいなく感じました。
  • 1曲ずつの時間が増え、じっくり聴かせるようになりバタバタ感がなかったのは非常によい。
  • いくつも放り込まれたバラエティ要素をこなしながら進行してく。いつもの歌の紹介よりもずっとずっと大変だったのは見ていてすごくわかりました。このバラエティ紅白をこなせるのは
    相葉ちゃんだけ!
  • 有村架純ってもしかして司会うまい?すごい似合ってるような気がする。

2016年の紅白は演出のグダグダが話題となってしまい、劇作家の鴻上尚史さんがTwitterで辛口評価のつぶやきをするほどでした。

また、勝敗を決める採点方法にも批判が集まりました。

視聴者審査員、会場審査員の点数が圧倒的に白組に傾いているのに対し、ゲスト審査員の過半数が紅組に投票した結果、紅組の勝利に。

なぜ紅組が勝利となるのか疑問の声があがる事態に。

2015年


紅組司会者:綾瀬はるか

白組司会者:井ノ原快彦(V6)

総合司会者:黒柳徹子、有働由美子(フリーアナウンサー)

勝敗:紅組

評価や感想

  • 歌だけでなく、随所に番組自体を盛り上げる要素が散りばめられていて、非常に面白かった!
  • 裏紅白、バナナマンの副音声がラジオみたいで楽しかった。
  • その年のヒット曲ではなく、過去のヒット曲、カバー曲が多く感じた。
  • 綾瀬さん衣装も可愛くて、化粧もハッキリしていたしすっごく綺麗で良かったー!イノッチも有働さんも安定で最高でした。
  • 徹子さんのハイテンションもよかったね。楽しそうだった!

2015年の紅白は視聴率が悪いことが話題となってしまいました。

大きな目玉となる出演者がいない、楽曲や曲順が良くなかったのが原因ではないかという推測が多かったです。

これ以前の、2014年〜初回の1951年全ての司会者と紅白の勝敗一覧を表にして掲載していますのでご覧ください。

紅白司会の歴代最年少はこの人

 

View this post on Instagram

 

@matsu.takako_fanがシェアした投稿

紅白の司会のなかで最年少は、女優の松たか子さんです!

1996年(平成8年)の第47回紅白の司会を務めたときでした。

大河ドラマ『秀吉』に出演されていたのがきっかけで、松たか子さんが起用されましたのですが、なんと、当時19歳未成年者の紅白司会は史上初。

第47回(1996年)はJUDY AND MARY、ウルフルズ、玉置浩二さん、華原朋美さんが紅白に初めて出演した年でした。

反対に、紅白司会の最年長は黒柳徹子さんです。

2015年の第66回に出演した当時、82歳でした。

紅白司会者2018予想されている人々

2018年、平成最後の紅白司会者の大役に選ばれるのは誰なのでしょうか。

名前が多く挙がっている方を紹介します。

白組司会は嵐の松本潤さん。

松本潤さんは、NHK 北海道150年記念ドラマ『永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~』が来年の春に放送されることもあり、最有力候補として名前が挙がっています。

白組司会候補は他に、同じくジャニーズから、関ジャニ∞の村上信五さんを推す声が挙がっています。

紅組司会の最有力候補は綾瀬はるかさん。

綾瀬はるかさんは、来年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に出演が決定しています。

長時間の生放送で、どうしてもミスが出てしまう紅白。少々のトラブルは綾瀬はるかさんの天然ボケキャラで明るく乗り越えられそうですよね。

紅組司会の候補には他にも、10月からの連続テレビ小説『まんぷく』の安藤サクラさんも可能性があるとささやかれています。


さらに来年の春に始まる朝ドラ『なつぞら』の広瀬すずさんも、ヒロインの名前が挙がっています。

紅白司会・総合司会者歴代 2014〜初回

紅白歌合戦の2014年〜初回1951年の一覧を紹介します。

総合司会紅組司会白組司会勝敗
2014有働由美子吉高由里子
2013有働由美子綾瀬はるか
2012阿部渉堀北真希
2011阿部渉井上真央
2010阿部渉松下奈緒
2009松本和也仲間由紀恵中居正広
2008松本和也・住吉美紀仲間由紀恵中居正広
2007三宅民夫・黒崎めぐみ中居正広笑福亭鶴瓶
2006みのもんた・山根基世仲間由紀恵中居正広
2005堀尾正明仲間由紀恵山本耕史
2004武内陶子小野文惠阿部渉
2003三宅民夫有働由美子・膳場貴子阿部渉・高山哲哉
2002三宅民夫有働由美子阿部渉
2001宮本隆治有働由美子阿部渉
2000宮本隆治久保純子和泉元彌
1999宮本隆治久保純子中村勘九郎
1998宮本隆治久保純子中居正広
1997 宮本隆治・草野満代和田アキ子中居正広
1996宮本隆治・草野満代松たか子古舘伊知郎
1995宮川泰夫上沼恵美子古舘伊知郎
1994森田美由紀上沼恵美子古舘伊知郎
1993山川静夫石田ひかり堺正章
1992山川静夫石田ひかり堺正章
1991松平定知浅野ゆう子堺正章
1990松平定知三田佳子西田敏行
1989杉浦圭子三田佳子武田鉄矢
1988吉川精一和田アキ子加山雄三
1987吉川精一和田アキ子加山雄三
1986千田正穂目加田賴子千田正穂
1985生方惠一森昌子鈴木健二
1984タモリ森光子鈴木健二
1983生方惠一黒柳徹子鈴木健二
1982生方惠一黒柳徹子山川静夫
1981中江陽三黒柳徹子山川静夫
1980中江陽三黒柳徹子山川静夫
1979相川浩水前寺清子山川静夫
1978相川浩森光子山川静夫
1977相川浩佐良直美山川静夫
1976相川浩佐良直美山川静夫
1975土門正夫佐良直美山川静夫
1974山川静夫佐良直美 山川静夫
1973山川静夫水前寺清子宮田輝
1972鈴木文彌佐良直美宮田輝
1971北出清五郎水前寺清子宮田輝
1970宮田輝美空ひばり宮田輝
1969宮田輝伊東ゆかり坂本九
1968北出清五郎水前寺清子坂本九
1967石井鐘三郎九重佑三子宮田輝
1966石井鐘三郎ペギー葉山宮田輝
1965石井鐘三郎林美智子宮田輝
1964石井鐘三郎江利チエミ宮田輝
1963石井鐘三郎江利チエミ宮田輝
1962穂坂俊明森光子宮田輝
1961石井鐘三郎中村メイコ高橋圭三
1960石井鐘三郎中村メイコ高橋圭三
1959石井鐘三郎中村メイコ高橋圭三
1958石井鐘三郎黒柳徹子高橋圭三
1957石井鐘三郎水の江瀧子高橋圭三
1956石井鐘三郎宮田輝高橋圭三
1955石井鐘三郎宮田輝高橋圭三
1954北出清五郎福士夏江高橋圭三
1953

(1月/12月)

二回開催

志村正順

北出清五郎

水の江瀧子

本田寿賀

高橋圭三

宮田輝

1952田辺正晴丹下キヨ子藤倉修一
1951田辺正晴加藤道子藤倉修一