紅白出場歌手発表【2018】曲一覧表!落選結果や感想&評価まとめ

芸能人

1951年からスタートし、年末を飾る国民的長寿番組であるNHK『紅白歌合戦』。

平成最後の放送となる、2018年の紅白歌合戦に出場する歌手・アーティストがとうとう発表されました!

2018年の紅白に出場する歌手・曲名を紹介するとともに、結果今年の紅白に出場できなかった(落選)歌手についての情報もまとめていきます。

紅白出場歌手2018年発表!一覧

 

View this post on Instagram

 

A post shared by NHK紅白歌合戦 (@nhk_kouhaku) on


2018年12月31日の紅白歌合戦は19時15分から放送。

「今年は誰が出場するのか?」と今からワクワクしている皆さんのために、第69回、2018年の出場歌手をご紹介していきます。

紅組の歌手一覧

初出場が2組の紅組メンバーをご紹介します。

  • aiko(13回目)
  • あいみょん(初出場
  • いきものがかり(10回目)
  • 石川さゆり(41回目)
  • AKB48(11回目)
  • 丘みどり(2回目)
  • 欅坂46(3回目)
  • 坂本冬美(30回目)
  • 島津亜矢(5回目)
  • Superfly(3回目)
  • DAOKO(初出場
  • 天童よしみ(23回目)
  • TWICE(2回目)
  • 西野カナ(9回目)
  • 乃木坂46(4回目)
  • Perfume(11回目)
  • 松田聖子(22回目)
  • 松任谷由実(3回目)
  • MISIA(3回目)
  • 水森かおり(16回目)
  • Little Glee Monster(2回目)

紅組の最多出場41回目の石川さゆりさんを筆頭に、去年から引き続き出場しているアーティストが多く名を連ねています。

紅組メンバーのなかで注目のアーティストは、今回が紅白歌合戦初出場となるあいみょん・DAOKOです。

あいみょんは、1995年生まれの兵庫県出身の女性シンガーソングライター。


愛を伝えたいだとか』『君はロックを聴かない』をはじめとした、独特の世界観と歌詞が10代の若者を中心に絶大な人気のアーティストです。

また、DAOKOは作詞家としても有名なシンガーソングライター。

2017年に放映された映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌に起用された『打上花火』が大ヒットを果たしました。


初出場のアーティスト以外にも、2017年に「放牧」という形で活動休止に入っていた人気音楽グループ・いきものがかりが復活をするとのことで、SNS等では早くも話題となっています。

白組の歌手一覧

対する白組は、初出場となるメンバーが多く選出されました。

歴代白組の雰囲気も引き継ぎながらも、どこかフレッシュな印象が感じられます。白組のメンバーをご紹介します。

  • 嵐(10回目)
  • 五木ひろし(48回目)
  • EXILE(12回目)
  • 関ジャニ∞(7回目)
  • King&Prince(初出場
  • 郷ひろみ(31回目)
  • Suchmos(初登場
  • 三代目 J Soul Brothers(7回目)
  • 純烈(初登場
  • SEKAI NO OWARI(5回目)
  • Sexy Zone(6回目)
  • DA PUMP(6回目)
  • 氷川きよし(19回目)
  • 福山雅治(11回目)
  • Hey!Say!JUMP(2回目)
  • 星野源(4回目)
  • 三浦大知(2回目)
  • 三山ひろし(4回目)
  • 山内惠介(4回目)
  • ゆず(9回目)
  • YOSHIKI feat.HYDE(初出場

白組メンバーには初出場アーティストが4組。

なかでも10~20代女性を中心に高い人気を誇るジャニーズの「キンプリ」ことKing&Princeはなんと2018年5月にデビューしたばかりのグループです。デビューから超短期間での抜擢と言えます。

また「スーパー銭湯アイドル」というユニークな呼び名で注目されている純烈や、2013年結成男性6人組ロックバンドSuchmosも初登場します。

また、日本を代表するロックバンドである「X JAPAN」のYOSHIKIと「L’Arc~en~Ciel」のボーカルであるHYDEによる夢のコラボレーションも初登場で注目されています。

紅白どのような戦いぶりをみせてくれるのかが楽しみですね!

スポンサーリンク

結果、落選が決まった歌手

紅白歌合戦の視聴者のなかには、2018年度の出場者一覧を見て「あの人がいない!」と思った方もいるしょう。

平成最後の年となる2018年を賑わせたアーティストのなかには、やむを得ない理由などにより紅白出場を辞退・落選した歌手もいるのです。

そこでここでは、2018年度紅白歌合戦に落選アーティストとその理由についてまとめていきます。

  • TOKIO

歴代の紅白歌合戦において、1994年の初出場以降24回も連続出場してた国民的アイドルグループ・TOKIOが2018年の紅白にて落選となりました。

2018年の落選については、2018年4月25日に報道されたメンバー・山口達也の不祥事によるものであると推測されます。

デビュー25周年記念のアルバム・ライブツアーへの大きな打撃にもなったこの事件により「紅白への出場は絶望的」とも噂されていました。

ファンの間では「紅白でTOKIOが見れないのは悲しい」などの書き込みが多く投稿されました。

  • 和田アキコ

歴代の紅白歌合戦において、紅組のトリを幾度も務めた和田アキコさん。

2015年の紅白歌合戦を最後に、連続で落選している和田さんは、2018年の紅白歌合戦でも落選となりました。

理由は明らかにされていませんが、数々のメディアや視聴者の間では「世代交代の流れか?」「視聴率による選抜を加速させてきた」という話題に。

2004年の放送以降、紅白歌合戦の視聴率自体が低迷している現在、和田さんの落選については、若年層からの注目を取り戻す作戦における苦肉の策であると考えられます。

そして、落選ではなく、辞退したと言われているこちらの歌手。

  • 米津玄師


ドラマ『アンナチュラル』の主題歌でもある『Lemon』をはじめ、YouTube2億回再生・配信ダウンロード数158万を記録した、2018年を代表するシンガーソングライターの米津さん。

ファンの間では「紅白出場確定」とも言われるほど、大きな期待を寄せられていましたが、2018年度の紅白歌合戦には落選。

ネット上では「落選したのではなく、辞退したのでは?」という噂が広まっており、その理由には、米津さん自身が持つ「アーティストとしてのこだわり」にあるとされています。

米津さんはアーティストとして、音楽・ライブを「その日限りの、過ぎ去っていくもの」として行っていると語っています。

そのため、自身が投稿した動画や出演した音楽番組が「録画」として残ることに違和感を感じたことにより、出場オファーが来たものの辞退という結果になったのであろう、と言われています。


ファンの間では、落選・辞退したことよりも、米津さんが持つアーティストとしての信念・こだわりに対して「まさにその通り」「これを聞いてもっと好きになった!」という賞賛の声が多く投稿されました。

紅白出場歌手2018年の曲発表

個性豊かなアーティストの出場が発表された2018年の紅白歌合戦。

引用:https://www.huffingtonpost.jp/2018/11/13/kohhaku-music-fair_a_23588820/

早くも「どの曲を歌うの?」という気になる曲名。2018年紅白歌合戦、出場歌手の曲目について現時点で判明している曲目・予測できる曲目についてまとめていきます。

《紅組の曲目(予想)》

  • aiko『ストロー』
  • あいみょん『今夜このまま』
  • いきものがかり『ラストシーン』
  • 石川さゆり『天城越え』
  • AKB48『恋するフォーチュンクッキー』←決定
  • 丘みどり『鳰の湖』
  • 欅坂46『アンビバレント』
  • 坂本冬美『熊野路へ』
  • 島津亜矢『Forever Love』または『道』
  • Superfly『Gift』
  • DAOKO『終わらない世界で』
  • 天童よしみ『きずな橋』
  • TWICE『TT』
  • 西野カナ『Bedtime Story』
  • 乃木坂46『インフルエンサー』
  • Perfume『無限未来』または『Let me know』
  • 松田聖子『永遠の愛で 変わらない愛で』
  • 松任谷由実『真夏の夜の夢』
  • MISIA『アイノカタチfeat.HIDE(GReeeeN)』
  • 水森かおり『鳥取砂丘』
  • Little Glee Monster『世界はあなたに笑いかけている』

 

《白組の曲目(予想)》

  • 嵐『嵐×紅白スペシャルメドレー』
  • 五木ひろし『VIVA・LA・VIDA~生きてるっていいね!~』
  • EXILE『Heads or Tail』
  • 関ジャニ∞『ここに』または『応答セヨ』
  • King&Prince『シンデレラガール』
  • 郷ひろみ『2億4選万の瞳』または『恋はシュミシュミ』
  • Suchmos『FUNNY GOLD』
  • 三代目 J Soul Brothers『J.S.B.Dream』
  • 純烈『失恋ピエロ』
  • SEKAI NO OWARI『イルミネーション』
  • Sexy Zone『イノセントデイズ』
  • DA PUMP『U.S.A』
  • 氷川きよし『勝負の花道』
  • 福山雅治『甲子園』
  • Hey!Say!JUMP『マエヲムケ』
  • 星野源『サピエンス』
  • 三浦大知『Be Myself』
  • 三山ひろし『いごっそ魂』
  • 山内惠介『さらせ冬の嵐』
  • ゆず『マスカット』
  • YOSHIKI feat.HYDE『Red Swan』

 

12月20日現在で判明しているのは、紅組のAKB48が『恋するフォーチュンクッキー』のみ

他の歌手・アーティストの曲目については、主に2018年にリリース・ヒットした曲を中心に予想しています。

なかでも、Superflyの『Gift』は「第85回NHK全国学校音楽コンクール」のために書き下ろされた曲であり、2018年のNHKを代表する曲であることから、選ばれる可能性は高いといえます。

白組のDA PUMPは、2018年に大ヒットした代表的な曲の1つでもあることから『U.S.A』、YOSHIKI feat.HYDEについてはコラボレーション発表と同時にリリースされたことから『Red Swan』がそれぞれ選ばれる可能性が高いです。

紅白出場歌手2018年発表の感想

出場者の発表や落選などが明らかにされていくなかで、ネット上では早くも紅白歌合戦に対するコメント・反応が多く投稿されています。

ここでは、2018年の紅白歌合戦に対するネット上の評価・反応についてご紹介していきます。

SNSでは、2018年度紅白歌合戦の司会を務める内田光良さん・広瀬すずさん・櫻井翔さんに対する期待のコメントを始め、出場者の紅白での活躍を応援する書き込みが多く寄せられています。

また、特別企画として参加するサザンオールスターズ「2.5次元ミュージカル」として女性を中心に高い人気を誇る「刀剣乱舞」の刀剣男士達の登場を喜ぶ声が多く投稿されています。

さらには、2018年5月16日に急性心不全でこの世を去った、日本を代表する有名男性歌手・西城秀樹さんの追悼企画を期待する書き込みも多く、ファンの中には実際にNHKに問い合わせをしたという人もいるほど。

まだ未発表の企画もあるため、今後の発表に対する反応も気になりますね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能人音楽
スポンサーリンク
japanlocalをフォローする
スポンサーリンク
Japanlocal.com
タイトルとURLをコピーしました