『ララランド』吹き替え版vs字幕版どちらがおすすめ?評判まとめ

映画

カラフルな映像と歌にダンスで魅了するララランド。何度も繰り返し見たという人もいる人気作品ですね。

俳優の声が聞ける字幕版が良いのか、声優による日本語吹き替え版が良いのか迷いませんか?

ミュージカル映画であるララランドの吹き替え版と字幕版はどちらが評判が良いのでしょうか。比較してみましょう。(テレビ放送『金曜ロードSHOW!2/8

『ララランド』吹き替えはなかった?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by La La Land (@lalaland) on


アカデミー賞では史上最多14ノミネートを記録し、ゴールデングローブ賞、ヴェネツィア国際映画祭で高い評価を得た「ララランド」。

日本でも話題になり、公開を予告する宣伝のCMを見た人も多くいるでしょう。しかし、いざ映画館に行って「あれ?もしかして・・・」と戸惑った方がいました。実は公開当時、ララランドの吹き替え版は存在せず、字幕版のみしか上映されていなかったのです。

ディズニー「アナと雪の女王」などのアニメーション映画では劇中歌も日本語で歌われており、見どころでもありました。それが当たり前のようになっていて、字幕版しかないという情報を知らない方がネットで「吹き替えの上映はない」と教えてもらう場面が多く見受けられました。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by La La Land (@lalaland) on


日本語吹き替えは、2017年DVD発売に合わせて付けられることになりましたので、DVDではどちらも楽しめるようになっています。そして気になる劇中の歌に関しては元の英語のままとなっています。

字幕と吹き替え、どちらでの視聴がおすすめなのでしょうか?それぞれの評判をご紹介します。

『ララランド』字幕版の評判

「字幕翻訳を担当された石田泰子さんの訳詞がとにかく本当に素敵でした」

「ララランド地上波で放送は嬉しいけど吹き替えでしょ?ララランドに関しては音声切り替えと字幕機能で英語にしてから観た方が良い」

オリジナルの演技やセリフが好きな人からは厳しい意見も見られました。

「ララランドの字幕、翻訳者が意訳し過ぎ。someone in the crowedを運命の人と訳してた。確かに間違ってはないけど『群衆の中の誰か(直訳)』から意味を見出すのは観客の仕事であって翻訳者が勝手に決めることではないと思う」


「ララランド、日本語字幕は結構良いと思うんだけど、Auditionのmess we makeはそのまんま訳して欲しかったし、merchandiseは『商品』より『物販』とか『グッズ』とかもっと分かりやすい用語があるから、勿体無かった」

Auditionという曲の一節「Here’s to the mess we make」は直訳すると「私たちが作った混乱」ですが、訳は「厄介な私たちに」となっています。

ララランド全体を通して情感あるロマンティックな翻訳ですが、人によっては「やりすぎ」「素敵」と評価が分かれるようです。

『ララランド』吹き替え版の評判

「ララランドの吹き替えが内田夕夜さんだと知ったので絶対観る」

「翻訳は吹き替え版の方が好きだし、声優さんも上手い」

「日本語で喋ってたのが、歌になると急に英語になるから違和感ある」

「会話の最中に自然と歌に繋がる場面がある。字幕だと『おおっ…』ってなるけど、吹き替えだと『あっ、歌始まるんだ』ってわかるから感動が薄れる感じ」

ララランドの主演セブ役、ライアン・ゴズリングさんの声を8回担当した内田夕夜さん、ミア役を演じる武田華さんはエマ・ストーンさんの声を3回担当しています。

2人とも実力があるプロの声優なので、演技が下手ということはありません。しかし劇中の歌は英語なので違和感を感じる方が多いようです。

吹き替えVS字幕版どっちがおすすめ?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by La La Land (@lalaland) on


ネットでは圧倒的に字幕派が多く、ミュージカルは字幕で観る派の方が特に「ララランドは絶対字幕で観るべき」と推していました。というのも、歌やダンスのパートが多いララランドは字幕の方が映画の演出に合わせて違和感なく視聴できるからです。後々重要になってくる小さい声でのひそひそ話が吹き替えだと聞き逃してしまう場合もあるので、字幕での視聴がおすすめと言えます。

しかしララランドの字幕は意訳が多い、翻訳が伝わりにくいという声もあります。画面に収まりきるように、翻訳を省略したり意訳を入れるのは仕方のないことなので、難しいところです。

字幕のデメリットとしては他に、目で追っていると映画の内容についていけないというものがありますが、ララランドはアクション映画のようにストーリー展開が早いわけではないので、安心して視聴できます。しかし、目線が文字のある下の方に集中してしまうので、美しい衣装や役者の表情をじっくり観察するのには向きません。

吹き替えはベテランの声優が担当しているので、演技に引っかかることなく視聴できますし、ララランドの内容は2回目でやっと理解できたという方もいますので、2回目は吹き替えで楽しむのも良いでしょう。

テレビで吹き替え→字幕版に切り替え方法

テレビでララランドを視聴していて、吹き替え→字幕版に切り替えたい人はこちら↓

『ララランド』日本語吹き替え声優キャスト一覧!上手い・下手評価まとめ

『ララランド』酷評・号泣を感想比較|ラストのもやもやの解釈も!

アカデミー賞|歴代最多受賞・ノミネート作品一覧(動画あり)

アカデミー賞の日本人受賞者一覧(最新版)あの人の英語スピーチ動画も!