M1歴代王者全員覚えてる?優勝者&ファイナリスト一覧!2020最新

お笑い

漫才芸人の日本一を決める『M1グランプリ

歴代のM1グランプリ優勝者(2001~2019)と、優勝は逃したものの決勝へ進出したファイナリスト全一覧をお届けします。

毎年12月にみんなが楽しみにしているお笑いの祭典!M1グランプリをきっかけに大ブレイクした芸人や、その後あまり見る機会の少ない芸人も?

それでは第1回から最新までの歴代王者と、優勝者のその後の活躍を見ていきましょう。

スポンサーリンク

M1歴代王者&ファイナリスト(2001~2004)

2001

優勝者 中川家
2位 ハリガネロック
3位 アメリカザリガニ
中川家の二人はM1を振り返り、次のように語っています。
「今でも、あんなに緊張した漫才はない」(礼二)
「地獄でした」(剛)
「今から思っても『M-1』の決勝以上に緊張の中で漫才をしたことはないです。間違いないです。本番前は話をすることもなく、二人で『…オエーッ』とえづいてばっかりでした。何も食べずに水ばっかり飲んで」(礼二)
出典:https://news.yahoo.co.jp/byline/nakanishimasao/20151120-00051638/
如何にM1の決勝の緊張が大きいか伝わります。
2002
出典:https://www.shochikugeino.co.jp/talents/masudaokada/
優勝 ますだおかだ
2位 フットボールアワー
3位 笑い飯
岡田さんは、娘の岡田結実さんのモデルやタレントとして人気ぶりに「娘がブレイクして、ものすごく売れているからショックです」と嫉妬していることを語っています。
[ad]
2003
出典:https://plaza.rakuten.co.jp/happiness1414/11001/
優勝 フットボールアワー
2位 笑い飯
3位 アンタッチャブル
後藤さんは、日本テレビ『今夜くらべてみました』など、司会やレギュラーとして多数の番組に出演し活躍しています。
岩尾さんは、フジテレビ『バイキング』などに出演しています。
2004
優勝 アンタッチャブル
2位 南海キャンディーズ
3位 麒麟
柴田さんの離婚騒動が影響してアンタッチャブルというコンビとしての活動はない状態です。
ザキヤマの愛称で人気の山崎さんは、CM出演やバラエティー番組に数多く出演し活躍しています。

M1歴代王者&ファイナリスト(2005~2007)

2005

優勝 ブラックマヨネーズ
2位 笑い飯
3位 麒麟
初の決勝進出でブラックマヨネーズの二人が優勝しています。
[ad]
2006
優勝 チュートリアル
2位 フットボールアワー
3位 麒麟
チュートリアルは、M1史上初の満場一致による優勝を達成しました。
2007
出典:https://talent.thetv.jp/person/1000047269/
優勝 サンドウィッチマン
2位 トータルテンボス
3位 キングコング
 現在、好感度が最も高いサンドウィッチマンは、MONKEY MAJIKと奇跡のコラボ曲「ウマーベラス」がリリースするなど話題を呼んでいます。

M1歴代王者&ファイナリスト(2008~2010)

2008

優勝 NONSTYLE
2位 オードリー
3位 ナイツ
ノンスタイルの石田さんは2017年8月に双子の女の子のパパにり、イクメンっぷりをみせています。

2009
優勝 パンクブーブー
2位 笑い飯
3位 NON STYLE
決勝戦初出場でパンクブーブーが満場一致で優勝し、圧倒的な勝利をおさめました。当時、大会委員長だった島田紳助さんは「楽な審査」と言っています。
2010
出典:http://news.yoshimoto.co.jp/news2014/2014/09/entry42372.php
優勝 笑い飯
2位 スリムクラブ
3位 パンクブーブー
現在の笑い飯は、日本テレビ「24時間テレビ」の深夜枠で、哲夫さんと坂上忍さんがトークバトルをする展開時に哲夫さんが一方的にスベってしまい、そこからテレビ出演が減ってしまった、という噂があります。
[ad]

M1歴代王者&ファイナリスト(2015~2018)

2015

出典:https://news.yahoo.co.jp/byline/nakanishimasao/20160328-00055922/
優勝 トレンディエンジェル
2位 銀シャリ
3位 ジャルジャル

トレンディエンジェルの斎藤さんは、2017年のクリスマスイヴに結婚報告し、2018年6月6日に女の子が生まれ、幸せいっぱいの様子が伺えます。

2016
出典:http://geininn-netatyou.com/wp/manzai/ginsyari/post-277/
優勝 銀シャリ
2位 和牛
3位 スーパーマラドーナ
2016年度の優勝者は2005年に結成した漫才コンビ・銀シャリ。『テレビ朝日 芸能&ニュース』の記事によると、M-1優勝後の給料について聞かれた際に「そんなにワッて上がったわけじゃないけど、4倍です」と答えています。
2017
出典:https://ent.smt.docomo.ne.jp/article/547851
優勝 とろサーモン
2位 和牛
3位 ミキ
2002年にコンビを結成したとろサーモンは出場資格ギリギリの15年目のラストチャンスで見事に悲願の優勝を果たしました。
2018

優勝 霜降り明星
2位 和牛
3位 ジャルジャル

2013年に結成した霜降り明星は、メンバーのせいやさんが26歳、粗品さんが25歳であることから「M-1史上最年少優勝者」として話題となりました。

「M-1グランプリ」2年連続で準優勝の和牛、テレビやラジオにおいて数々のレギュラー番組に出演しているジャルジャルなどの強敵をおさえての優勝に、インターネット上でも「意外!」という声も多く寄せられました。

M1歴代王者&ファイナリスト(2019)

優勝 ミルクボーイ
2位 かまいたち
3位 ぺこぱ
初出場コンビのミルクボーイが過去最高点を記録し第15代M1王者に!審査員の最低点は96点、最高点は99点という全員が高得点で評価しました。

〜審査員の点数〜
・オール巨人さん 97点
・上沼恵美子さん 98点
・サンドウィッチマン・富澤たけしさん 97点
・立川志らくさん 97点
・ナイツ・塙宣之さん 99点
・中川家・礼二さん 96点
・松本人志さん 97点

関連記事
M1審査員の過去一覧!あの人が辞退した理由とは【M1グランプリ】

タイトルとURLをコピーしました