菊野昌宏の時計の値段や通販、船橋の工房の場所|wiki経歴(学歴)

クレイジージャーニー

『クレイジージャーニー』や『情熱大陸』に特集された時計職人、菊野昌宏さん。

超高度な技術が絶対条件という世界にもわずかしかいない特別な時計職人「独立時計師」。日本には2人のみという独立時計師・菊野昌宏さんの時計の値段や店舗・通販などについて。

船橋の工房の場所や、菊野昌宏さんの出身や学歴をお届けします。

情熱大陸2019/1/27放送

菊野昌宏 wikiプロフ(学歴/経歴/嫁)

時計メーカーに属さず、パーツから全ての工程を自らの手で作製する、独立時計師。日本に2人しかいない独立時計師として、TV出演し注目された菊野昌宏さんの作った時計は、なんと2000万円。

菊野昌宏さんの気になる経歴などをご紹介します。

菊野昌宏さんは北海道深川市出身、1983年2月8日生まれ。菊野昌宏さんは幼い頃から積み木やブロックで遊ぶのが好きで、車の図面にも興味を持っていました。

高校を卒業後、すぐに時計の道に進むわけではなく、菊野昌宏さんは陸上自衛隊に入隊します。この頃はまだ特になりたい職業が見つかっておらず「銃の構造に興味があったから」という理由で入隊を決めました。

時計に興味を抱いたのは、上官が身に着けていた機械式時計を見せてもらったときだったそう。時計の専門誌を読み漁った菊野昌宏さんは、メーカーに属さない独立時計師という職業を知ります。

2005年に自衛隊を除隊。東京・渋谷にある専門学校「ヒコ・みづのジュエリーカレッジ」のウォッチコースに入学します。

しかし、学校では時計修理の技術しか教えておらず、独立時計師を諦めようかとも思った矢先、あるテレビの特集で衝撃を受けます。特集で紹介されていたのは、幕末時代の精巧な置時計。大きな機械がなくても、昔の人は時計を作っていたのだと菊野昌宏さんは気づいたことが転機に。

洋書の図面だけを頼りに、菊野昌宏さんは試行錯誤の末、ついには自分1人で時計を完成。自分の情熱と努力で突き進んですごいことです。2013年には時計の技術が認められ、菊野昌宏さんはAHCIという独立時計師の正会員になりました。これは当時日本人初のことで、世界でも会員はわずか30人程なのでどれだけ難しいことかがうかがえます。

職人として突き進む菊野昌宏さんは結婚されています。奥さんは独立時計師の仕事に理解があり、尊敬してくれる素晴らしい方とのことです。

テレビ出演で話題に

2018年3月21日にクレイジージャーニーで独立時計師の菊野昌宏さんが紹介されました。

英語で書かれた洋書を翻訳し、図面を見ながら全て自身の手によって時計を作り上げた菊野昌宏さん。腕時計に使う小さなネジを焼いて強度を上げ、手作業で削る菊野昌宏さんの姿に、スタジオでは感嘆の声が上がっていました。

緻密な作業を繰り返す時計作りの工程。パーツ作り、組み立て、デザインも全て菊野昌宏さんが手掛けています。1人で作り上げるのには当然時間がかかりますので、時計は年に数本しか作れず、値段は数百万円以上です。

2018年10月31日のクレイジージャーニーでは菊野昌宏さんの回が再放送されてさらに話題になりました。クレイジージャーニーで再編集しての放送はかなり珍しいことです。

ネットでは「悪魔祓いの回」が何らかの理由で放送出来ないので、かわりに菊野昌宏さんの回になったのでは?と推測されていましたが再放送に選ばれるということは初回にそれだけ反響があったということですね。

実際にはどんな評判が寄せられているのでしょうか、見ていきましょう。

スポンサーリンク

クレイジージャーニーの反響(評判)

「1点物で200万台の腕時計もあるって聞いたとき、そんな値段で大丈夫?ってなった。200~300なら買いたい!」

「菊野昌宏さん面白かったなー。すごい世界だ」

「独立時計師の菊野昌宏さんのつくる時計が美しすぎて…いつか生で見てみたい、こんな腕時計が存在するんだ…驚いた。凄い。」

菊野昌宏さんの情熱、時計の美しさや機能に驚く声がとても多くありました。

また、クレイジージャーニーの数ある放送の中でも、菊野昌宏さんの回が好き、新しい回が見たいとネットで言われていました。クレイジージャーニーの刺激的な旅も良いですが、菊野昌宏さんの物事の概念がひっくり返るような生き方はぐっと心を掴まれますね。

菊野昌宏の船橋の工房

たった1人で時計を完成させる、独立時計師の菊野昌宏さん。工房はどちらに構えているのでしょうか?菊野昌宏さんが現在住んでいるのは千葉県船橋市です。自宅兼工房となっており、ショップはなく、住所はHPにも載っていません。

工房は決して閉鎖的なものではなく、菊野昌宏さんが通っていたヒコ・みづのジュエリーカレッジの後輩が訪れ、手作り用の機械を勉強することもあるのだそう。工房はのどかな住宅街にあり、辺りは穏やかな街並み。まるで研究室のような工房の中は「大人の秘密基地のようだ」と取材に訪れた方は語っています。

菊野昌宏さんの時計はどうやったら購入できるのか?値段もお伝えします。

菊野昌宏の時計の値段や通販

朔望 年産4本 500万円(税抜)

2018年2月頃に受注を開始しておりましたが、現在受注は受け付けておりません。

和時計改 年産1本 1,800万円(税抜)

菊野昌宏さんの時計は、基本的に受注生産となっております。なるべく直接会い、作品の製作工程などを伝え、十分にその価値を理解してもらった上で購入してほしい、という菊野昌宏さんの想いがあるからです。当然、通販は行っていません。

特に和時計改は購入者と話し合ってデザインを決めているので、同じ時計はない、といった印象があります。値段もかなり変わってくるでしょう。素晴らしい時計に魅了される方は多く、もう少し求めやすい金額で時計を作って欲しい!という声がありますが、菊野昌宏さんは商売で時計を作っているわけではないので、おそらく値段は変わらないでしょうね。

菊野昌宏さんと連絡を取るには、HPからの問い合わせとなります。

菊野昌宏さんHP→ https://www.masahirokikuno.jp/contact/

スポンサーリンク

HPには菊野昌宏さんの新作腕時計の情報や、各地でのトークショーの情報も掲載されています。トークショーと併設された展示会では普段中々見ることのできない、菊野昌宏さんの時計を実際に見ることが出来ます。

タイトルとURLをコピーしました