メンサとは?日本の芸能人/有名人一覧|MENSA会員になるためのテスト問題例や試験について

お笑い

知能指数IQが高い人だけが入れるという集団のメンサ(MENSA JAPAN)とは?

芸能人にも、クイズ番組などで活躍する俳優の岩永徹也さんなどMENSA会員を見かけますが、MENSA会員とは一体どれほどすごく、どういうメリットがあるのでしょうか?

MENSA会員になるためにはどれくらいのIQが必要で、どんな問題を解かないといけないのか、テスト問題例試験などついて見ていきましょう。

日本の芸能人・有名人のメンサ会員一覧とメンサの入会方法、年会費を紹介します。

メンサとは?

メンサとは、「人口上位2%の知能指数」を持った人同士が交流する目的で1946年に設立された非営利団体。高IQ団体としては、最も長い歴史を持っている。

MENSA会員は現在、全世界約100カ国で約134,000人。アメリカが最も多く、50000人程、日本にも3,500人程の会員がいます。

世界で所属している会員の年齢は4歳〜94歳と幅広く、最年少の4歳に驚きです。


職業や経済的地位も様々で、芸能人や特別な賞の受賞者など有名な会員もいれば、ごく名の知れない普通の会員もたくさんいます。

世界の人の上位2%のIQ(知能指数)保持者が入会できる国際組織

上記に当てはまる方ならばどなたでも入会でき,政治観,人種,宗教を問いません

社会的立場などに関わらず平等で中立な組織です

引用:http://www.japanmensa.jp/

メンサ会員のIQ基準はいくつ?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 原口 卓侑 ぐっ (@guu3tako) on


MENSA会員は「全人口の上位2パーセント以内」という高い知能指数を認められた人々。

一般的な平均のIQは100くらいで、上位2パーセントのIQは130〜くらいとなります。

日本の最難関大学である、東京大学の学生の平均のIQが120と言われているので、130という数字は並大抵ではないことが分かります。

メンサ会員のIQ基準について『JAPAN MENSA』の公式サイトでは具体的なIQのボーダーラインは公開されていませんが、インターネット上ではIQ130以上であれば解ける問題であると多く言われています。


グラフにあるように、多くの人がIQ85~115に含まれ、IQ130以上になると人数が少なく、人口の上位2%に入ってくると言えます。

メンサ会員の芸能人・有名人一覧


岩永徹也(いわながてつや)
1986年生まれ、福岡大学薬学部卒業
薬剤師の資格を持つ俳優。

186センチという高身長でファッションモデルとして2009年から芸能活動を開始。2013年、テラスハウスに出演し「王子」の愛称で親しまれ一気に知名度がアップ。

2014年のこちらの動画↓では医師免許を目指していると語っている岩永さん。


今ではタレントとして「Qさま!!」などのクイズ番組の出演や、歌手、俳優、声優と幅広く活動をしています。さらに詳しいプロフィールはこちら:岩永徹也(テラスハウス・仮面ライダー)とは

宇治原史規(芸人・ロザン)
クイズ番組によく出演する芸人。賢い印象がしっかり定着していますよね。

A post shared by yuna (@k.y.y.7911) on

藤本淳史(芸人・田畑藤本)
東京大学工学部卒業の高学歴芸人。テレビ番組「やりすぎ都市伝説」で千原ジュニアの家庭教師をしていると言われ有名に。芸人としては2017年・2018年のM-1グランプリに2年連続準々決勝進出。

 

Gパンパンダ 一平(芸人)
早稲田大学商学部卒業。一流企業リクルートに勤務していた経歴の持ち主。ワタナベエンターテイメント所属の芸人。

パックン(芸人・パックンマックン)
今や報道番組にコメンテーターとして多く出演し、芸人より知識人の印象が強いパックン。母国アメリカでのメンサ元会員。一流大学ハーバード大卒でもよく知られていますよ。

 

安宅晃樹(フジテレビアナウンサー)
東大に現役で入学、東京大学工学部卒業の高学歴でメンサ会員のなかでも珍しいアナウンサー。

茂木健一郎(脳科学者)
東京大学理学部、法学部を卒業

芸能人ではありませんが、テレビ出演も多い脳科学者の茂木さん。

中野信子(脳科学者)
東京大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了

元メンサ会員。2016年に退会。


中野信子著『あなたの脳のしつけ方』

小岩井ことり

『ピアレスガーベラ』所属の女性声優であり、作詞・作曲などといった多彩な分野で活躍している芸能人。

『アイカツ!』や『グランブルーファンタジー』をはじめとした人気アニメ・ゲームにも出演しており、MENSAに合格した当初はTwitterのトレンド入りも果たすほど話題となりました。

MiOさん(モデル)
出身地は台湾
慶應義塾大学卒業のメンサジャパンの会員。

福永活也(弁護士・タレント)

三重県出身の弁護士であり『福永法律事務所』の代表。

不動産会社・飲食店などの経営も行っており、自身のエピソードに基づいた『日本一稼ぐ弁護士の仕事術』という書籍を出版しています。

川村優希(医師・タレント)

ネプリーグなどクイズ番組にも出演する川村医師。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 川村 優希 / Yuki Kawamura (@yuki.kawamura.official) on

河瀬季(かわせ とき)

東京大学法科大学院卒業の弁護士であり『モノリス法律事務所』および『イースター株式会社』の代表。

『ビーバップハイヒール!』をはじめ、様々な番組・メディアのゲストブレーンとして出演しており『MENSA弁護士に挑戦!もっと頭がよくなる大人の「超難問パズル」』という本も出しています。


ヨビノリたくみ

東京大学大学院総合文化研究科卒業の教育系ユーチューバー。

日本のトップクラスの優れた若手研究員として「日本学術振興会特別研究員(DC1)」に選出されるほどの高い知能と思考力の持ち主です。

「予備校のノリで学ぶ(ヨビノリ)」というコンセプトで大学レベルの数学・物理などの理系科目の授業動画を配信し、チャンネル登録者数15万人を突破するなど、学生を中心に高い人気を誇っています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ヨビノリたくみ (@yobinori) on

 

高田明日路(高田ワアド)

東京都出身のフリーのお笑い芸人であり、日本唯一のダジャレアーティストとして活動する芸能人。

アンビグラムや文字絵などといった創作言葉遊びをたしなみ、類稀なる頭脳を活かしてユーチューバーとしての活動も行っています。


桃雪琴梨(ももゆき ことり)

大阪府出身の漫画家・イラストレーター。

人気少女漫画雑誌『なかよし』が手掛ける「第36回なかよし新人まんが賞」にて準入選して以降、『僕のショパン』『ミリオンガール』などの数々の人気作品を生み出しています。


堀内和一朗(ほりうち わいちろう)

東京医科歯科大学医学部医学科卒業の躰道・ファウストボール選手であり、抗加齢・人間ドック検診専門医という医者としての一面も持っています。

MENSA以外にも、ISI-SocieryやHELLIQ Society、4Gなどの様々な高IQ団体の会員にもなっています。

メンサ会員の日本人最年少

MENSA中で昨今話題となっているのが2019年5月の『琉球新聞』にて取り上げられた日本人最年少のMENSA合格者です。


わずか7歳でMENSA会員となった真栄田悠吾くんは、1歳半の時点で日本語をすらすらと話し、4歳で宇宙の構造に関する書籍に関心を向け、7歳では一次関数などの中学~高校クラスの数学問題を解いていたという驚きの知能の持ち主。

両親はともに昭和薬科大学付属高校の卒業生であり、航空会社に勤める父親の転勤により、米国カリフォルニア州ロサンゼルスに移住しています。

教員をはじめとした周囲の人々が驚くほどの高い習得力・知能を持っているとして「ウェクスラー自動知能検査」にてIQを測定したところ、MENSAの入会資格を満たすと判断され、入会が認められたのだそうです。

MENSAへの入会について悠吾くんは「メンサで僕と同じように数学や化学が好きなお友達ができるのが楽しみ」と話しており、現在はバイオリンの練習と両立しながら人工元素の作り方を学んでいるようです。

スポンサーリンク

メンサ会員のメリットとは?

高い知能があることの証明ともいえるメンサ会員。

「メンサ会員になったらどんなメリットがあるの?」と疑問に思う方も多いかと思います。

MENSAの活動内容に基づいて、メンサ会員になるメリットをご紹介します。

  • セミナーやワークショップに参加できる
  • 趣味のグループの活動がある
  • 食事会やパーティに参加できる

A post shared by Lisa👸🍎 (@himeringo908) on

1946年にイギリスで誕生して以降、現在では南極を除く全大陸約40ヶ国に支部を持つMENSAでは、オフ会や食事会などといった活動を行っています。

メンサ会員は国籍・職業・思想などがバラバラで、なかにはビジネスなどにおいて驚くような経験・経歴を持つ人や、仕事以外のことに熱中している人なども多いのが特徴です。

そのため、メンサ会員になることで、自分には想像できないような様々な境遇の人とつながれるというのがメリットといえます。

出会いのきっかけとなり知的利益を共有することができ、ビジネスなどに活かす人も当然いるでしょう。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Randy Longstreet (@rileyxsko) on

またMENSAには、メンサ会員達が運営する趣味グループ『SIG(=Special Interest Group)』が存在しており、自分が熱中している趣味を、高IQの仲間達と楽しむことができます。自分と似た高い知能指数+同じ趣味仲間を集められるというのもメリットです。

ランダムな人の集まりよりも、メンサ会員同士より深く趣味について語り合えたり活動を楽しめるのは人生を豊かにする大きなメリットでしょう。

スポンサーリンク

メンサ会員になるには?

MENSAの会員になるには、日本国内の場合は『JAPAN MENSA』が主催する入会テストを受け、条件をクリアする必要があります。

  • 生涯に3回までの入会テストを合格する
  • 年齢制限:15歳以上
  • テストで全人口の上位2パーセントのスコア


15歳未満の人は、日本ではテストを受験することはできません。また、20歳以下の未成年の場合は保護者の承諾書の提出が必要です。

テスト終了後には合否判定のみがメールで届くようになっており、1度不合格になっても受験後1年以上空けることで、生涯のうち3回まで受験することができます。

メンサの試験問題・テスト内容とは?

MENSA入会テストは全45問から構成されており、制限時間30分と短めに設定されているのが特徴です。

一般的なIQテストにも良く似た形式となっていますので、IQテストの問題をこなして慣れておくのがいいでしょう。

実際の試験問題の内容については公開が禁止されているため、ここでは『MENSA』が発行した本『Mensa: IQ Tests: A Complete Guide to IQ Assessment』およびメンサ会員達が執筆した人気問題集『MENSAIQ148にチャレンジ!』の問題例をもとに、問題の傾向・内容を見ていきます。

《問題集に掲載されている主な問題例》
●問題で提示されているパズルピースのイラストにぴったり合うピースを選択肢から選ぶ問題
●9個の枠に8個の図形が入っており、残り1つの枠に当てはまる図形を選択肢から選ぶ問題
●天秤の左右の重りが均等になるようにするには、反対の天秤にいくつの図形が必要かを答える問題

言語の壁によるトラブルを防ぐためか、どの問題集にも言語系の問題はなく、主に問題に書かれた図形・数字をもとに特定の規則性を見つけていくスタイルの問題が多く掲載されています。

例に挙げた問題の傾向・形式から考えると、一般的なテスト・試験のように知識を活かしたり、しっかり考えて答えることよりも、直感やひらめきで即座に答える力が必要になるといえます。

テスト内容は公開が禁止されているため、具体的に書くことは出来ませんが、形式や例をあげて紹介します。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by kaisamaisan (@kaisamaisan) on

主に、図形や数字の規則性を見つける問題です。
例えば、枠が9個あり、図形が8個入っていて、残り1つの枠にどの図形が当てはまるか選択するような問題が多いです。


そして30分で45問の問題を解くので、少し時間がタイトに感じるかもしれませんがほとんどが直観で答える問題です。そのため、対策なしで受かる人がたくさんいます。

MENSAノルウェーサイトでテストが受けられる

入会には高いIQが必要となる『MENSA』への挑戦を考えている人のなかには「自分のIQはどれくらいかわからない…」「本試験の前に腕試しをしてみたい」という人も多いことでしょう。

実は、ノルウェーのメンサが作成したWebページ『IQ Test』では、よりメンサの本試験・問題集に近いスタイルの問題に無料で挑戦することができるのです。

サイト・問題文は英語で書かれていますが、自分の年齢が含まれる年齢層を選択したら、後は選択肢から正解の図形を選ぶという内容となっているため、英語に自信がなくても安心して解答することができます。

IQに自信がある方・メンサへの挑戦を考えている方は、ぜひ1度チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

メンサ会員の年会費は高額?

試験を突破して、晴れてメンサ会員になった後には入会手続き・年会費などが必要になります。世界の高知能集団に入るにはどれだけお金が必要なのでしょうか?

受験料10,000円+初年度年会費3,000円+翌年年会費3,000円+会員証発行料2,000円=18,000円

メンサ会員の年会費は3,000円。

合格後の入会手続きの際には入会した年の年会費+翌年の年会費+会員証発行料が必要です。

その後は毎年、年会費の3,000円を支払っていくことになります。

受験料が10,000円と、数千円で受けられるような資格試験などと比べると高めに設定されているのが最初に少し出費と言えるでしょう。

メンサ試験日・日程・申し込み方法

2019年9月現在、東北・関東・中国・九州地方の4エリアにおいて入会テストが予定されており、具体的な日付・エリアなどの情報は以下のようになっています。

●東北(青森)エリア
日程:2019/9/28(土)

●関東(千葉・東京)エリア
日程:2019/9/29(日)

●関東(神奈川・東京)エリア
日程:2019/10/26(土)

●中国(島根)エリア
日程:2019/10/27(日)

●九州(熊本)エリア
日程:2019/10/19(土)

受験料は1回10,000円であり『JAPAN MENSA』の公式ページに掲載されている「入会テスト日程一覧」から申し込みをすることで受験することができます。

申し込みの締切日は、開催日の1週間前です。

各エリアにはそれぞれ定員が設けられており、キャンセル待ちなどはないため、気になる方は早めのチェックがおすすめですよ!

MENSA会員まとめ

MENSA会員についてより詳しく知ることができましたか?

  • 試験は人生に3回まで受けられる
  • IQはだいたい130以上は必要
  • 年齢制限は日本では15才以上
  • 受験料は1万円、年会費は3千円
  • 試験は全国の会場で受けられる

入会こそ難しいですが、入って高知能な人同士の人脈や、世間に注目されるビックな肩書きにもなるので、本の出版やセミナーができたりビジネスチャンスにも繋がります。

得られるメリットは大きいと言えるでしょう。

東大卒(芸能人)お笑い芸人一覧|出身高校や高学歴タレントになった理由とは

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お笑い芸能人
スポンサーリンク
japanlocalをフォローする
スポンサーリンク
Japanlocal.com
タイトルとURLをコピーしました