整形シンデレラオーディション優勝グランプリは?【ザ・ノンフィクション】

美容

整形シンデレラオーディション」とは?整形シンデレラオーディションのグランプリに選ばれると賞金や「ガールズアワード」への出場というシンデレラストーリーが。

フジ『ザ・ノンフィクション シンデレラになりたくて…2019』2019年6月16日・6月23日放送の整形シンデレラオーディションについてと、その出場者・グランプリ優勝者について紹介します。

「整形シンデレラオーディション」とは?


「整形シンデレラオーディション」とは、女性の夢を全力で応援するプロジェクト。

女性たちが美しく、前向きに人生を歩むためのお手伝いをするのは、湘南美容外科。

”美容整形をきっかけとして、一人ひとりが夢を叶えられるようにオーディションを通して様々な経験をしてほしい。”それが「整形シンデレラオーディション」を主催する湘南美容外科の想いです。

エントリー、書類選考から施術、グランプリの発表までの期間、なんと1年という長期間。
外見を美しくするだけではなく、合宿に参加して、他者とのコミュニケーション、レッスンを通して内面も磨きます。

セミファイナリストに選ばれると、整形費用が無料


ファイナリストに選ばれると、「ガールズアワード」というファッション&音楽イベントに出演し、ランウェイを歩くことができます。

グランプリに輝くと、総額300万円の賞金が贈られます。

2019年「整形シンデレラオーディション」のエントリー数は明らかにされていませんが、2018年は初の海外からも参加者を募り500人ものエントリーが有りました。

2019年の合同合宿に参加できたのが20人ということから、厳しい審査のもとで厳選されたことがうかがえます。

HPでは細かい施術の内容、過去のシンデレラたちの情報が載っています。

また、最新の第5回(2020年)のオーディションの募集も始まっています。

【ザ・ノンフィクション】出演の整形シンデレラ2019


フジテレビ【ザ・ノンフィクション】に出演されたシンデレラたちを簡単にご紹介します。

  • 山田麻莉亜(やまだ まりあ)さん(22歳)

第4回「シンデレラオーディション」において、唯一の一児の母である山田麻莉亜さん。

彼女は2年前に地元の横断歩道を歩いていた時にひき逃げ事故遭遇し、一命は取り留めたものの、顔や身体に消えない深い傷が残ってしまったという悲惨な経験の持ち主。

保育園で新体操のコーチの仕事をしている山田さんは、園児から傷のことを聞かれることもあり「自分の息子が大きくなった時に、自分の傷のことについて聞かれるのではないか?」という考えからオーディションへ参加。

当初は「事故で負った傷さえ消せれば」と考えていたようですが、自分の可能性を試したいという思いを持ちはじめ、顔全体の美容整形を決意するようになったのだそうです。

 

  • 穴久保りお(あなくぼ りお)さん(21歳)

見た目だけでなく、中身も変わりたいという強い思いを抱える穴久保りおさん。

趣味のコスプレをきっかけに美容整形を決意した彼女は、中学生の頃からひどくなったという発達障害に悩まされていました。

仕事も長続きせず、自殺未遂をしたこともあったらしく、穴久保りおさんのツイッターでは日々の生活や整形をするにあたって感じた不安・苦悩が掲載されています。

ツイッターにて「(整形でキレイになったら)推しキャラのコスプレをもっと極めてみたい」と話す穴久保さん。

整形シンデレラオーディション2019優勝者は?Before&After画像

厳しい審査のなか、見事「整形シンデレラオーディション2019」のグランプリに輝いたのは、尾上七海さんです!

整形シンデレラグランプリの尾上七海さん、Before&After画像はこちら。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ダイエッター@七海 (@nanami0917abnana) on

大阪で地下アイドルグループ「大阪メルヘン」のメンバーとして活動している尾上さん。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 大阪メルヘン公式 (@dabanmeruhengongshi) on


グランプリの尾上七海さんは『ORICON NEWS』の取材記事によると、整形したいと思うようになったのは中学・高校生の頃。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ダイエッター@七海 (@nanami0917abnana) on

友人達から「眠そうな顔をしているね」「どこをにらんでいるの?」と言われたことをきっかけに、顔のパーツ全てにコンプレックスを抱くようになったとのこと。

また、小学生の時には急性リンパ性白血病という命に関わる大病を経験した尾上さん。

「人はいつ死んでしまうかわからない、だからこそ出来る時にやりたい事をやるべき」と思うようになり、高校卒業後にアイドル活動をスタート。活動で貯めたお金で整形するという大きなプランを立てました。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ダイエッター@七海 (@nanami0917abnana) on


インタビューの最後には「病気でも夢を持っていいし、叶えられる」「コンプレックスを抱えて暗く生きるより、整形して明るく生きた方がいいんじゃないかな」と語っています。

固い意志と覚悟をもって、整形という大きな決断をした彼女の言葉は、自分自身にコンプレックスを抱く女性達の心の支えとなることでしょう。

【ザ・ノンフィクション】出演の整形シンデレラ2018


フジテレビ【ザ・ノンフィクション】に出演されたシンデレラたちを簡単にご紹介します。

  • 赤井田未波さん(19歳)

「ブスだと言われている気がして、マスクを外せない」

東京都出身の赤井田さんは口元が出ているのが悩みです。

今の顔でも生きてはいけるかもしれないけれど、モデルになりたいという夢を叶えるために赤井田さんはオーディションに参加しました。

  • 藤森悠葵さん(21歳)

「ブスがうつるぞ、と言われた」

大阪府出身の藤森さんは、目と歯並びが悩みです。

藤森さんは中学生の頃にイジメを受け、心に傷を負ってしまいました。
整形をして心から強くなりたい。ネガティブな言葉が出てこないようになりたい。
そんな思いでオーディションに参加しました。

  • 小豆畑うららさん(20歳)

「ファッションにお金をかけていても、自分の顔がダメ」

神奈川県出身の小豆畑さんは、目が離れているのが悩みです。

弱い自分を断ち切って、新しいキラキラした自分になってスタートを切りたい。
そんな思いでオーディションに参加しました。

  • ベトナム人のハティ・ウト・チャンさん(22歳)

「もっと綺麗になって、大きな舞台に立ちたい」

ホーチミン出身のチャンさんはベトナムで現役モデルとして活躍中です。
小さい目と低い鼻が悩みで、今の自分の顔に限界を感じていました。

現代らしい顔に整形し、より美しくなることで仕事の幅を増やしたい。
そんな思いでオーディションに参加しました。

  • ベトナム人のグエン・ホン・カム・カインさん(27歳)

「モデルになりたい、と言ったら友達に無理だと笑われた」

ベトナム出身のカインさんはオーディション内では最年長の27歳。(当時)
悩みは口元が出ていることです。

大学卒業後、就職活動がうまくいかず、友人に指摘され気づいた原因は外見でした。もう、外見のことで後悔したくない。そんな思いでオーディションに参加しました。

整形シンデレラオーディション2018優勝者のBefore&After

「整形シンデレラオーディション2018」の優勝者は…

ベトナム出身のグエン・ホン・カム・カインさん!

ベトナムでは見た目の美しさが重要視されていて、カインさんは就職活動がうまくいかずに苦しんでいました。

整形を受ける前に「手術を受けたら明るく笑顔で笑えるようになりますか?」と医師に相談していたカインさん。

「このプロジェクトに参加できたこと、優勝できたことが本当に嬉しいです。ありがとうございます!」

グランプリに選ばれた感想を聞かれ、カインさんは素敵な笑顔でインタビューに答えていました。

↑2018年グランプリのカインさんのBefore&After動画はこちら。

視聴者・ネットの感想

フジテレビ【ザ・ノンフィクション】での視聴者の声、ネットの反響はどうだったのでしょうか?

整形シンデレラの件、必ず肯定派と否定派の論争になる。 そもそも、その根底にある「女性は美しくあれ」という価値観こそが問題だと思う。なんで女性ばかり見た目をアレコレ言われなきゃならないんだよ。」

「出てる子ふつうに可愛いし整形なんてしなくていいと思うなー。整形までいかなくとも、歯列矯正でいいじゃん。」


整形シンデレラオーディションに参加された方を思いやるような声がありました。

「整形もののドキュメンタリー見てていつも思うのは、整形やるよりカウンセリングが必要じゃない?って子が多いような気がする」

一方で、整形なんて必要ないんじゃないかという声もありました。心の問題を抱える人への共感や、整形に対する抵抗感など、かなり複雑な反応が多く見られました。

~まとめ~

2019年で第4回目となる「整形シンデレラオーディション」とは、美容整形をきっかけに、女性たちが美しく、前向きに人生を歩むためのプロジェクト。湘南美容外科が全力でバックアップしています。

数多くのエントリーから、1年間をかけて選ばれたファイナリストは、ファッション&音楽イベント、ガールズアワードでランウェイを歩くことができ、モデルとしての1歩を歩むことも。

グランプリに選ばれると総額300万の賞金が!

参加された女性たちは皆さん辛い過去や、コンプレックスを抱えていて、新しい自分になって、より人生を輝かせるためにオーディションに参加しました。

第4回のグランプリを獲得した尾上七海さんは、病魔との闘いやアイドル活動での悩みを抱えながら「整形」という大きな決断を下した、参加者のなかでも特殊な経験を持つ女性。

1人の女性として華々しく再スタートを始めた尾上さんは、その後所属しているアイドルグループの選抜メンバーに選ばれ、CDデビューも確定したとのこと!今後の活躍が期待されます。

タイトルとURLをコピーしました