焚き火がビル屋上でできる!焚火屋火火(大阪)料金・場所|マツコの知らない世界

グルメ

炎のゆらめきと、心地よいを立てて萌える薪、見ていると心が落ち着く焚き火。

人の心を癒す効果があるという焚き火が、都会の真ん中でしかもビルの上でできる場所が。焚き火はキャンプ場だけじゃない!

眺望も楽しめるビルの屋上で焚き火ができるおしゃれな場所「焚火屋火火」について。

マツコの知らない世界』2/26 猪野正哉さん(焚き火マイスター)

焚き火の癒し効果


自然ならではの温かみのある光、パチパチと薪がはじける音…仕事や家事などといった普段のストレスから解放し、心をリラックスさせてくれる焚き火。

焚き火の会が運営しているサイト『焚き火のススメ』や、日本焚き火コミュニケーション協会によると、焚き火には「精神安定」の効果を持っており、焚き火のぬくもりや音を感じることによって、脳がリラックスするとのこと。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Global Outdoor Survival Club (@globaloutdoorsurvivalclub) on


焚き火は「1/fの揺らぎ」という法則を持っており、高いヒーリング効果を持つことでも知られる波の音や小川のせせらぎ・星の瞬きと同様の波長とされています。

また、大阪ガスエネルギー技術研究所が行った研究によると「暖炉の火があることによって親近感が増し、コミュニケーションが促進される」とのことで、昔から囲炉裏やかまど・こたつなどといった火のぬくもりを家族で囲んで暮らしてきた日本人にとっては、焚き火においても同じようなことがいえるでしょう。

暖を取る・灯りをつけるなどといった、生活必需品としての一面だけでなく、焚き火には普段の生活から少し離れた「非日常」を感じさせてくれることからも、高い癒し効果があるといえるでしょう。

焚火屋火火(大阪)口コミ・評判

キャンプの醍醐味としても人気の高い焚き火ですが、キャンプ場でもない限りは焚き火をすることが禁止されていることが多いですよね。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 焚火屋火火 (@takibiya_vivi) on


ところが大阪にある『焚火屋火火』では、なんとビルの屋上にて焚き火ができるのです!

焚き火に興味を持つ方のなかには「実際にサービスを受けた人の感想はどうなのか?」と思っている方も多いことでしょう。

そこでここでは、実際に『焚火屋火火』を利用した方の口コミ・評価をご紹介します。


●会社帰りに行ける距離なのに「非日常」が感じられる!
●週末のリフレッシュに良い場所!
●ワイングラスを片手に焚き火を眺めているだけで幸せな気分になれる
●1人場所代3,000円で飲食品の持ち込み不可なら、キャンプ場の方が良いかも…
●天気に左右されやすいので注意…!

口コミのなかには、仕事が終わった後に利用するという方も多く、ネット上には仕事や家事で疲れた身体と心をリフレッシュするのに最適と大絶賛する声も多く掲載されています。

しかし、焚き火は天候に左右されやすいものであるため、雨・強風などによっては臨時休業となることもあるようです。

スポンサーリンク

焚火屋火火(大阪)の料金・メニュー

『焚火屋火火』の利用料金は、基本チャージ料金とオプションの2つで構成されています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 焚火屋火火 (@takibiya_vivi) on


「基本チャージ料金」とは、薪燃料費・施設使用料・環境保全費込みの料金であり、17~20時入店なら1人あたり3,000円、21時以降の入店なら1,500円となっています。

また、中高生は1,000円・小学生以下は無料と、通常よりもお得に利用できるようになっていますので家族やお友達を誘って一緒に楽しむのも良いでしょう。

≪オプション料金一覧≫
●プライベートエリア利用(1室5名まで):基本チャージ料金+4,000円

●ドリンク:500円
ビール
黒ビール
グラスワイン
日本酒
焼酎
ウイスキー
焚き火で淹れたコーヒー
紅茶
ココア など

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 焚火屋火火 (@takibiya_vivi) on


●フードメニュー:500円
びっくりマシュマロ
ごっついソーセージ
ワイルドベーコン
かたまりチーズ
焼きいも
じゃがバタ
焼きりんご など

●中之漁港とのオリジナル鍋料理(1~1.5人前):1,500円~
洋風(トマト)海鮮鍋
和風(しょうゆ)海鮮鍋
石狩鍋
チゲ鍋

●薪の追加購入:500円(1本)、2,000円(半箱)、4,000円(1箱)

●焚き火ブランケットレンタル:無料

『焚火屋火火』では、基本的に食べ物の持ち込みが禁止されていますが、中之島漁港で購入した物の持ち込みは可能となっていますので、焚き火に当たりながら獲れたての新鮮な魚介類を楽しむことができます。

また店内ではカップ・お皿・箸・道具類の貸出は行っていますが、人気のあまり貸出が追い付かなくなる可能性もありますので、マイカップや懐中電灯・皮軍手は用意しておくことをおすすめします!

焚火屋火火(大阪)の場所・予約方法

●住所:〒550-0021 大阪府大阪市西区川口2丁目9中之島ゲート内
●電話番号:050-5437-6755
●営業時間:【食事タイム】17:00~21:00【バータイム】21:00~23:00
●定休日:月~木曜日
●アクセス:大阪メトロ千日前線・中央線「阿波座駅」(徒歩約10分)

『焚火屋火火』の予約方法は、電話とホームページの下欄にある「予約フォーラム」という2つの方法が用意されています。

スポンサーリンク

現在、様々なメディアで紹介されていることから店内は混雑が予測されるため、ホームページにて一般公開されている「営業カレンダー」を参考にしながら、予約をしておくと良いでしょう。

通常利用はもちろん、営業日以外の予約・特別料理の予約やパーティ・貸し切り利用予約も可能ですので、気になった方は事前予約をおすすめします!

『焚火屋火火』ホームページ

『焚火屋火火』のツイッター

タイトルとURLをコピーしました