TEPPENダンス2021冬の結果(ルール・順位・優勝者)一覧!

TEPPENダンス2021冬TEPPEN
スポンサーリンク

TEPPENダンス2021冬 対決ルール

『芸能界特技王決定戦 TEPPEN 』において、今年が初の試みとなった「最強ダンス対決」。

本大会のルールは審査員3人による採点に加え、新世代ダンスゲーム『DANCERUSH STARDOM(ダンスラッシュスターダム)』のゲーム得点を競い合います。

ダンスゲームではステップが精密採点され、ステップの正確さがPERFECT・GREAT・GOOD・BADの4つで採点され、ゲーム終了後に100点満点中どれだけの点数を獲得できたかが公開されます。

また審査員による採点では、1人の持ち点が10点であり、ダンスゲーム中のキレや表現力・パフォーマンスの個性などの観点から、最大30点満点で採点されます。

「ゲーム得点(100点満点)+審査員3人による採点(30点満点)=130点満点」のうち得点が高い順で順位がつけられ、最も総合得点が高かったダンサーが優勝です。

 

6位:加藤 諒(かとう りょう)

TEPPENダンス2021冬 加藤 諒

 

 

 

 

 

●ゲーム得点:88.726点
●審査員得点(EXS・Hboy・SAM):8+7+8=23点

●合計点数:111.726点

キューブ所属の俳優であり、タレントとしても活動している加藤諒さん。

放送前から「意外なチョイス」であるとして注目されていた男性ですが、実は5歳から約26年間ダンスに親しんできたダンサーでもあります。

2016年5月にはストリートダンス舞台である『ASTERISK Goodbye, Snow White』にて、ゲストダンサーとして大勢のプロダンサー達とともに出演した経験も。

ダンス披露前に「噛ませ犬じゃねぇぞって所を見せたい」と意気込みをあらわにしていたこともあり、ゲーム中には正確で軽やかなダンスを披露。

足をスライドさせるような譜面も、流れるようなステップで目立ったミスがない状態で突破しました。

 

5位:峯岸みなみ(みねぎし みなみ)

TEPPENダンス2021冬 峯岸みなみ

 

 

 

 

●ゲーム得点:89.868点
●審査員得点(EXS・Hboy・SAM):8+7+9=24点

●合計点数:113.868点

アイドルグループ「AKB48」のメンバーである峯岸みなみさん。

4歳からダンスやバレエに親しんでおり、ゲストである剛力彩芽さんが披露した「剛力ダンス」を完全コピーしていることなどから、メンバーからは「ダンスの天才」と呼ばれています。

ダンスゲーム中でも、剛力ダンスを取り入れた軽やかなステップ・アクションが注目され、剛力彩芽さんへのリスペクトを感じさせるダンスパフォーマンスを披露しました。

 

4位:佐々木久美(ささき くみ)

TEPPENダンス2021冬 佐々木久美

 

 

 

 

●ゲーム得点:95.937点
●審査員得点(EXS・Hboy・SAM):7+7+8=22点

●合計点数:117.937点

「日向坂46」のメンバーであり、今大会がダンス対決初参戦となった佐々木久美さん。

ダンスゲーム中では、日向坂46の人気曲である「キュン」で採用されている、キュンキュンダンスに加え、「ドレミソラシド」に採用されたドレミダンスを取り入れるなど、日向坂46のメンバーならではのダンスパフォーマンスを披露しました。

軽快で可愛らしさも感じられる踊りには、多くの視聴者を虜にしており、トップバッターでありながらゲーム得点が95.937点と、かなりの高得点をたたき出しています。

 

3位:KENZO

TEPPENダンス2021冬 KENZO

 

 

 

 

●ゲーム得点:90.857点
●審査員得点(EXS・Hboy・SAM):10+9+10=29点

●合計点数:119.857点

「U.S.A」で一斉を風靡したパフォーマンスグループ「DA PAMP」のメンバーであり、メンバーからは「ダンスの神に愛された男」と呼ばれているKENZOさん。

獲得した世界・日本タイトルは通算60以上であり、世界大会では8年連続優勝を果たすなど、世界最高クラスのダンスパフォーマンス技術の持ち主でもあります。

今大会では、世界大会優勝時に使っていたシューズを着用しており、優勝への意気込みをあらわにしていました。

ダンスゲームでは、しなやかな動きから繰り出されるステップに加え、ランニングマンや回転、他のダンサーのパフォーマンスには無かった「後ろ向きステップ」を披露するなど、パフォーマーとしてのプライドを感じさせるパフォーマンスを披露!

審査員採点では、3人中2人が10点満点で評価していましたが、ゲーム得点の差により浦川翔平さんに敗北。無念の3位となりました。

 

2位:川尻 蓮(かわしり れん)

TEPPENダンス2021冬 川尻 蓮

 

 

 

 

●ゲーム得点:93.146点
●審査員得点(EXS・Hboy・SAM):9+9+9=27点

●合計点数:120.146点

日本最大級のオーディション番組にて101名の中から選ばれた11名のパフォーマーで構成された、話題のアイドルグループ「JO1」のメンバーで、パフォーマンスリーダーでもある川尻蓮さん。

ダンス歴は13年と長いこともあり、グループメンバーNo.1のダンススキルを誇っています。

また、グループに選抜される前にはプロダンサーとして、山下智久さんやK-POPアイドルのバッグダンサーを務めた経験があります。

ダンスゲームでは、高速ステップ・流れるように続く譜面をノーミスで突破しており、SAMさんから絶賛されていました。

 

1位:浦川翔平(うらかわ しょうへい)

TEPPENダンス2021冬 王者 優勝 浦川翔平

 

 

 

 

●ゲーム得点:95.960点
●審査員得点(EXS・Hboy・SAM):9+8+9=26点

●合計得点:121.690点

人気のダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」のパフォーマーであり、MA55IVE THE RAMPAGEのメンバーでもある浦川翔平さん。

EXILEが開校したダンススクール「EXPGスタジオ」へ特待生として入学した過去があり、17歳という若さで「THE RAMPAGE」の正式メンバーに加入するほど、高いダンスパフォーマンス技術を持っています。

今大会のダンスゲームでは、曲中で用意された高速ステップの譜面を軽やかにこなしながら、ランニングマンをはじめとした多彩なステップを披露し、世界的に活躍するダンスパフォーマーであるKENZOさん・川尻連さんを見事破り、優勝を果たしました!

下の関連記事では、浦川翔平さんの家族についてまとめています。

TEPPENダンス2021で優勝!浦川翔平の両親・妹弟など家族まとめ

 

下の関連記事では、TEPPENの他競技もまとめています。

【2021年1月最新】TEPPENピアノ優勝者結果・演奏曲・順位まとめ(2021年1月/2020年9月・1月/2019年8月・1月)

 TEPPEN(書道)2020・2019の優勝者結果・順位・得点一覧!

TEPPENベンチプレス2020秋の結果(ルール・優勝者・順位・回数)一覧!

TEPPENベンチプレス2019の結果(ルール・優勝者・順位・回数)一覧!

タイトルとURLをコピーしました